20141018130226-102S

リバウンドとは体重を減らした後に、減らした分の体重以上に増える現象です。

それが起きる原因は主に、気の持ちようだと言えます。

考えられる事と言えば…
食欲を押さえ込む事をすれば無意識に食べたい欲求がストレスとして現われます。

ストレスは抑えてみても、目的を達成すると気が緩みます。

食欲を抑えて食事を我慢する事で、ストレスはかなりの量になります。

食欲を押さえ込んでいますから、目的が達成されると暴飲暴食してしまう危険性があります。
今まで溜めていた食欲というストレスが爆発するのです。
そうなると、無意識に大量の食事をしてしまいます。

これは私が実際に経験した事です。
我慢も適度に調整しなければ上手くいかないと思います。

私はフィットネスに通い激しい運動をした事があります。
体重は増えたり減ったりと変化していきますが、激しい変化はありませんでした。

そして食事量を出来る限り体に良い野菜を中心とした料理にしていました。

食事制限ダイエットをしていると、お肉が食べたい、魚が食べたいと言う欲求が常に襲います。
暇さえあれば、頭の中で無意識に考えていました。

そんな中、知り合いの人がお肉を沢山送って来たのです。
腐らせたらもったいない、今まで頑張って来ているのだから少しなら大丈夫。

など自分で食べるための理由を無意識に探します。
そして、調理をし一口食べたら気持ちの調整が出来なくなったのです。

そこからは思い出したくもありません。獣のようにひたすら食べたのです。
ダイエットの事など頭から抜け落ちて食べ続けました。

結果は散々なもので、暴飲暴食をした分がしっかりと体重に。
そして、体重は元の数値より増えてしまいました。これがリバウンドです。

リバウンドの原因は私の気持ちの問題だったと後悔

fd401497

リバウンドしてしまった後は罪悪感と吐き気。そして脱力感。

今までやってきた努力を自分の手で無にしてしまったのです。
ただ落ち込んでいても体重が減るわけでも痩せるわけでもありません。

そこで、もう1度頑張ってみようとダイエットをする事に。
次は暴飲暴食にならないように自分で制御しながら計算して食べました。

まったく摂取しないと暴飲暴食になる可能性が高くなります。
なので、肉などの食べたい物の量を少し増やしました。

その代わりに野菜を肉より多めに食べる事。主食に手をつける前に野菜を食べる事。
運動量を増やし、カロリー計算をしながら摂取した分を必ず消費するようにしました。

食欲を抑えたり我慢するのは難しい事を改めて考えさせられました。

体重を無理に減らすと、リバウンドしてしまいます。
ダイエットをしているのでは無く、体を少しずつ鍛えていると思うように意識しました。

その方法をする事でリバウンドを防ぎ健康な身体作りが出来ます。
他にも、体重変化を気にしないで焦らずユックリとこなしていく事です。

毎日体重計に乗り100g増えただけで落ち込んでいては痩せません。
体重計に乗って一喜一憂するよりは、思い切って乗らないほうがいいでしょう。

少し増えているだけで罪悪感に駆られると、ダイエットのモチベがどんどん下がります。
この用に、リバウンドの原因は気の持ちようによって変わるのです。

無理をしない事。焦らない事。自分を追い詰めない事です。
自分のペースで行う事で長いように見えてダイエットに成功する唯一の近道なのです。

以上が、私が体験したリバウンドに対する考え方です。

感じ方は人それぞれ個人差があります。
ですが、頭の片隅にでも今回の記事を覚えておいてくれたら嬉しいです。

⇒身体の内側から綺麗にしたいならこちらがオススメ