ペットボトルを持ってウォーキングする女性
私がやっている下半身ダイエットはいくつかあります。
その下半身ダイエットの方法は、ウォーキングです。

ウォーキングと言っても、ただ歩くだけではありません。
意識した行動をする事で、より効果がある方法です。

足を地面に着くときに、かかとを着けて、足の平を着けて、爪先を着けます。
地面を蹴りあげるようにしてウォーキングをします。

人は運動をする時、体を20分以上動かしていないと、効果は見られないといいます。
有酸素運動の効果が出るのが25分前後からだからです。

なので、最低でも30分はウォーキングをするようにしています。

普段の歩き方とは違うので、最初の内は凄く足も疲れますし、筋肉痛になります。
ですが、一週間このウォーキングを続けた結果。変化が見えました。

体重が減っていて、下半身ダイエットの効果が出てきたのです。

下半身ダイエットをすることによって、心境の変化も出てきました。
私自身今まで履くことを躊躇していたスカートに挑戦することができました。
足が少し細くなっただけでも、自信がもてるのです。

パンツを履いても短足で不格好な太い足だったけれど、今は自信を持って履けます。
スカートもダイエットに成功した足を出すことで履く回数が多くなりました。

人に見られると痩せやすくなると言われます。
なので多少太くても足は出したほうが痩せやすくなります。

下半身ダイエットに挑戦して、効果もしっかりと出せたので本当に良かったです。

056

下半身ダイエットや普通のダイエットでも、まずは続けることが大切です。
3日坊主にはならないように頑張りましょう。

女性の場合生理の時、生理前後はホルモンの関係で痩せにくくなります。
生理痛の中無理して歩いたり、運動したりはしないでください。

ですが、これだけは注意です。
せっかく継続していたけど生理だから。と、1度休んでしまうとさぼり癖がつきやすくなります。
それで失敗した人も何人もいます。

生理が重たい2-3日は休んでもいいと思います。
ですが、歩く事により生理痛が軽くなる場合もあります。

無理してするのでは無く、自分の身体と相談して継続してください。

ウォーキングする時に意識した場所について

最初は、平坦な道をひたすら大きく腕を振り、足を意識して歩きました。

ある程度、こなしていると慣れが出てしまい効果が出にくくなります。
少しキツイ場所ですが、上り坂がある道を歩き足に少し負担をかけて歩きました。

網走貝がらの道

すると、最初はやはり歩き疲れたせいか、浮腫んだり筋肉痛になったり…

運動を始めたばかりの状態となっていましたが、マッサージを念入りにしました。
お風呂でも筋肉をほぐすようにして少しずつ慣れさせていきました。

1週間ほどは、ほとんど変化はなく、上り坂に慣れが出てくる程度でした。
ですが、それからさらに続けていると、太ももがしまってきました。

坂道を上り下りして筋肉がついてきたのです。
いつも履いている少しきつかったパンツがするっと履けるようになりました。

ウォーキングをしながら下半身を絞るには…

歩くことに慣れてから上り坂に挑戦してみると効果的です。

寒い時期などは、歩く事で身体を温めることも出来るので、一石二鳥です!
毎日1時間程度でもしっかりと効果が出てきます。

これから始める方は、まずは1ヶ月、毎日1時間取り組んでみてはどうでしょうか?

歩くのはツライ、運動する時間が無い人はこちらをオススメ