指差す女性
皆さんはダイエットをした事ありますか?

私は何回もダイエットに挑戦し、失敗してきました。

最初のダイエットで成功すれば、何回も挑戦しなくてもすむ話ですが…
ダイエットってそんなに甘い物では無いですよね。

ダイエットで注意しなくてはいけない事、色々あると思います。

まず、ダイエット中だからといって食事を抜く事はやってはいけない事です
朝、昼、夕食は規則正しく食べましょう。

そして、夕食や夜食などは絶対にドカ食いしてはいけません。

ダイエット中は特にドカ食いしがちになります。
これだけ、頑張ったのだから1食ぐらい食べても平気だろうという気持ち。

これがよくないのです。本当に1食ですむのなら構いません。
2食、3食と続くとダイエットをしている意味がありません。

更に暴飲暴食してしまうと、ダイエットの強い意志が切れてしまいます。

次にダイエット中に注意する事は継続する事。

体重が落ちたから成功した!と喜ぶのは非常にいい事だと思います。
ですが、安心感から気持ちを緩ませないでください。
まだまだ頑張ろうという気持ちが大事です。

継続は力なりです。この逆もあるとも思います。
ダイエットを頑張っていてもちっとも体重が落ちない。その時期は必ず来ます。

そこでもうやめたという気持ちにはなると思うのですが…
そこも踏ん張って頑張る気持ちが大切です。

ダイエットは自分との戦いです。頑張りましょう。

ダイエット中にバイキング形式のレストランに行ってはならない

ダイエットにとって一番の大敵とはなんでしょうか?
そうです、食欲です。

バイキング

もし、食欲が無ければ自然に無理なく痩せていく事になります。
この食欲を制御出来るか出来ないかが、ダイエット成功の分かれ道となります。

食欲はどういう状態の時に増すのか知っていますか?

1番は美味しそうな食べ物を見た時でしょう。
人は目から入ってくる情報に必ず影響をうける生き物です。

また、もしそれをテレビや雑誌ではなく実際に見る事になると…
その匂いや、肉が焼ける音などの目いがいの嗅覚、聴覚にまで訴えられます。

もう食欲はピークに達し、制御不可能。
獣のように食べるしかない状態になってしまうのです。

とはいえ、人が普通のレストランに行ったとしたらどうでしょうか?
通常、レストランではメニューを見て頼みますよね?

最近の飲食店はカロリーを載せているメニューもあります。
ダイエットにふさわしい量の物を注文する事が出来ます。
食欲が爆発して異常なほどの料理を注文してしまうことは、稀です。

ですが、バイキングに行ったらどうなるでしょうか?

食欲が目、鼻、耳から刺激されます。
沢山食べて元をとろうという気持ちにもなります。
1品1品は少量でも、お皿いっぱい盛るとカロリーは莫大になります。

結果、食欲が爆発しダイエット失敗となるのです。

ダイエット中に相撲観戦は控えましょう、それはなぜかというと…

ダイエットを決意するのは、どんな時でしょうか?

・好きな人のために頑張る時。
・病院で診断を受け健康面に不安が出た時。
・スラっと細くてかっこいい人を見た時。
・かっこよく流行りの服を着こなしている人を見た時

など色々理由はあると思います。

人はかっこいい人を見ると、自分もそうなりたいという欲求がでます。

ですから、よく見えるところに理想のプロポーションの写真やポスターを張る。
そして日々ダイエットに励んでいる人もいるのではないでしょうか?

では、なぜダイエット中に相撲を観戦しないほうがいいのか?

相撲土俵入り

答えは、もうおわかりでしょう。
まず、相撲を見ると目に飛び込んでくるのは大きな身体のお相撲さんばかりです。

ダイエットとは、まったく無縁ですよね!
着ている服も、普段私達が着ている物とは違います。

では、相撲をよく観戦しているとどうなるでしょうか?

本来なら、どう見ても理想ではないないはずの体型。
少しずつかっこよく見えてくるのです。

すると、どうなるか?

いつのまにか部屋に貼るポスターがお相撲さんになってしまいます。
それを理想の体型として追い求め結果おデブになるのです。

ダイエット中に過激な運動はかえって逆効果!それはなぜ?

tired female runner taking a rest after running at tropical park

ダイエットの際、多くの人は運動を始めると思います。
軽いランニングやウォーキングはその代表格です。

これらの運動を続ける事が出来るなら、ダイエット効果がある事は言うまでもありません。
特に、ダイエットをする上で有酸素運動という言葉を聞いたことがあるでしょう。

ウォーキングは有酸素運動の代表です。
有酸素運動は、体内の脂肪を燃焼させてくれます。
脂肪が減ると引き締まったボディが手に入るのです。

また、筋肉をつける事も効果的です。筋肉は基礎代謝をあげてくれます。

基礎代謝というのは、簡単に言うと…
何もしなくても、ただ生きているだけで消費するカロリーの事です。

この基礎代謝が多ければ多いほどいいのです。
体が必要とするカロリーが多くなるので、結果痩せやすくなります。

なので、腕立てや腹筋、ベンチプレスなどの運動全般。
これらによって筋肉をつけるのはとてもいい事なのです。

hone_kossetsu

やっと本題に入りますが…
過激な運動はかえって逆効果となってしまうのです。

普段から体を動かしており、徐々にきつい運動にしていく分には、問題ありません。
急に過激な運動をすると、怪我をしてしまいます。

運動会で親御さん達が走り、転ぶ光景。見た事ありますよね?
普段運動をあまりしないと足がもつれたり攣ったりしやすいです。

少し運動をしただけで全身筋肉痛の人もよくいます。

怪我をすると、しばらく体を動かせなくなります。
動かせなくなると太ってしまいます。

過激な運動にはきをつけましょう。

⇒内側から健康的な痩せやすい身体を作るのにオススメ