新鮮なサラダ
食事の時食べる順番を変更するだけで、ダイエットが出来ます。

食べる順番については大まかなルールを守るだけです。
順番は、野菜⇒肉や魚⇒ご飯です。

これを栄養素で分けてみると、食物繊維⇒タンパク質⇒炭水化物の順になります。

この順番で食べることで、体の中の血糖値の上昇を抑えます。
結果、脂肪の摂取を抑えてダイエットに繋がるという仕組みになります。

一般的な食事のメニューは、ご飯もしくはパン。
おかずとして肉か魚、副菜に野菜類が入ると思います。

食べる順番は、野菜(副菜)⇒肉か魚(主菜)⇒ご飯、パンの流れです。

もちろん、この順番を守れば量は大盛りでいいと言う事ではありません。
野菜をドレッシングたっぷりで食べてしまうと意味がありません。

大量に摂取するとそもそものダイエットの意味がなくなります。

私は食べる順番ダイエットを実施しています。
重要なポイントとして野菜類は必ず入れました。

生野菜のサラダ、お浸し、薄味の煮物、油少な目の炒め物。
など、味付けを変えたりしてバリエーションを多くして飽きないように心がけました。

油を使う時は極力少なめかカロリーオフの物です。
主菜かご飯のどちらかが無い時もありましたが、野菜類は必ず付けました。

結果、2か月で4キロ痩せることができました。

特に運動量は変わっていないので食べる順番を気を付けただけの成果だと思います。

「食べる順番ダイエット」に、挑戦して考えた事を紹介します。

ktn0005-001

私は元々テレビの特番で、「食べる順番ダイエット」を知りました。
何人かのタレントさんが挑戦して、その模様を特集している番組です。

「食べる順番ダイエット」は、食事を食べる順番を決めて食べて行くものです。

先ほども紹介しました順番です。
始めに、野菜、サラダ。
次に汁、味噌汁やスープです。次にメイン、最後にご飯。

順番には意味があります。

メインとご飯に行く前に、汁で胃を膨らませる事。
炭水化物と脂肪分を一緒に摂ったらいけない事。
メインのおかずと、ご飯は、一緒には食べないという事でした。

最後にご飯を食べるようにすると、だんだんご飯の量が少なくても平気になっていきます。
実際私も、暫くすると通常の半分ほどでいいな、と思うようになっていました。

体重を計りながらやりますが、ある程度までいくとそれ以上落ちなくなります。
その時に、食べたいものを食べたいだけ食べるのだそうです。

しかし、実際は、私はそこまで行きませんでした。

おかずとご飯を一緒に食べれないのが、ストレスになったのです。
正直言って、食事が美味しいと思えない時もありました。

ですが、食べる量が減ったのは事実です。
なので我慢強く取り組めば、結果は出やすいダイエットだと思います。

食べる順番を意識するだけで、ダイエットになります!

私が食べる順番に気をつけるようになって1年くらいになります。

私は当時、アフタービクスに通っていました。

そこのインストラクターの先生も食べる順番ダイエットをしているとの事で…
その先生は体型はとってもスリムで、筋肉質で全く脂肪の無い身体が羨ましい限りでした。

junge Frau beim Sport

先生に詳しく聞いてみたところ…
要するに、お腹を満腹にしてくれやすい食べ物を最後に食べるという事です。

私は毎日の食生活の中で、朝はトーストが多いので工夫して食べるようにしました。
牛乳やサラダを先に食べて卵やソーセージ、最後にパンを食べるようにしました。

ランチはパスタが多いですが、付け合せのサラダを一番に食べるように。
次にパスタに乗っている野菜類、きのこ類を食べてパスタを食べるようにしています。

こんな感じで夕食も同じように食べると、胃もたれも減り体重も増えなくなりました。
食べる順番ダイエットは無理なくダイエットが出来て、私には合っています。

ですが、食べる順番ダイエットだけでは筋肉がつきません。
痩せても皮が残ったりしてしまいます。

なので、適度に運動もしましょう。
足りてない栄養素はサプリで補う事をオススメします。

⇒痩せやすい身体を作りやすくしてくれるオススメサプリ