058
どんなダイエットをしていても必ず来るのが停滞期だと思います。

この時期がダイエットを続けられるかどうかの大事な時期です。
しかし長い間色々な誘惑を乗り越え我慢してきたのに…
その見返りがないこの時期は地獄のように長く感じます。

食事制限を厳しくしたり、運動量を倍にしてみたり。
こういう状態はよくありません。ダイエット失敗に陥りがちな危険な状態です。

停滞期は、身体の状態が変化して痩せやすい身体になっている準備期間です。
それを待たずに行動すると無理なダイエットになります。

ストレスから失敗、リバウンドというパターンになってしまいます。

この時期は必ず来るのだと知っておいてください。
ダイエットを始める頃に自分に良く言い聞かせてください。

焦りを失くし体重が減らすには時間がかかるとしっかり意識しましょう

さらに停滞期は一度だけでは無いので注意しなければなりません。
何度も襲ってくる危険な停滞期にこそ失敗しないようにしたいです。

それから今日はめんどくさいから少し運動を休もうかな…
甘えで休んでしまうとずるずると、そのまま努力をしなくなる事があります。

どうしても疲れた時は、休むのでは無く、運動量を減らしましょう。
少しだけでも頑張ってください。

毎日のペースが崩れる事もダイエット失敗に繋がりやすいからです。

習慣化していくようにしましょう。
少しでもいいので止めない事が大事だと思います。

終わりのない努力。成功しても維持する事が大変なダイエット。

誘惑や停滞期に負けないようになる必要があります。

ダイエットは健康に注意しながら痩せられて成功したと言えます

Beautiful woman legs with shoes.Fashion styles.Black.

学生の時に、友人がもう少し痩せたい…と常日頃から言っていました。
私からすれば全く太っているように見えない友人まで痩せたいと言っていました。

そういうお年頃と言えばそうですが、今は私も結婚適齢期と言われる年齢です。
友人たちが次々に結婚していくのを見て焦りを感じ始めました。

そこで本気でダイエットをしようと思ったのがきっかけの一つではありましたが…
何よりも健康になりたいと思ったのが正直なところです。

太っているほど体重の減少が大きく、痩せた気分になりやすいのですが…
私の友人のように、無理をして骨に悪影響を及ぼしては意味がありません。

大人になって、いつ杖をついて歩かなければならなくなるか…
こういった状況に陥る人もいる点は見逃せません。

いかにしっかりした計算や健康管理の上で適切に行わないといけないかを考えます。

単に痩せたいというよりは、自分はこうだから、どこをどれだけ改善したいかということ。
それには、無理なくどのような方法を取ればよいか。健康面に注意しながら行います。

私の場合は、問答無用で太り過ぎによる心臓への負担、将来に対する不安。
そのためのダイエットでしたから、目的は明確に健康のためでした。

初めは、サプリメントの利用を考えました。
本来は食事と運動とで日常生活のリズムを保つ事。
その中身を考えることが望ましいと思い自分で本を購入して勉強しました。
カロリー制限と、心臓に負担をかけないウォーキングの運動で体重減少を試みました。

急激に痩せることで困るのは、体のシワやたるみです。

私も実際、しわが残ってしまい今でも温泉に行くのも恥ずかしいです。
腕もうまく筋肉がつかず振袖のような皮が…。

そして一番困ったのは貧血です。

ドクターから何十キロまでで止めるように言われていたのに関わらず…
今度は拒食症のように、食事がまともに出来なくなってしまいました。

仕事中も気分が悪くなり、3回倒れました。
目の血管にも悪影響を及ぼし目薬をすると激痛が走ります。

タブレットを使う医師

痩せたい気持ちから食べられなくなる事は、命に関わります。
この点はいつも注意を払って置かなければなりません。

それ以来ダイエットは気をつけながら行っています。
ただ拒食症は克服出来ましたが今は過食嘔吐に苦しめられています。

過食嘔吐とは、過剰に食事をしトイレで吐く精神的な病です。
ダイエットに挑戦している人が陥りやすいので注意してください。

過食症、過食嘔吐、拒食症。どれも命に関わります。

今、最低限していることは食べる順番を決めて食事をとっています。
少ない量なら吐かないですむようになりました。

運動は、家の周りを散歩する事ぐらいです。
日常生活の中で軽く出来る事をおこなっています。

成功までの道のりはとても大変です。私のように病になる可能性もあります。

体重が減らなくても、目に見えて変化が無くても…
長い目で見て達成する気持ちを忘れないことをおすすめします。

私が今栄養不足にならないのは、ドリンクを飲んでいるからです。
同じような悩みや、ダイエットをしようと思っている方にオススメしています。

⇒栄養はドリンクやサプリから!