young asian woman lifestyle image
通常に使われているダイエットするという表現。
実は正しく言うと、ダイエットで痩せる。という事です。

つまり、ダイエット=規定食という意味です。
我々が通常使っているダイエット=痩せるという意味ではありません。

本来は、規定食を摂って、綺麗な曲線のある体型にするという事です。
なので、各自が自分に必要な一日に摂る食事の必要カロリー
これを把握する事が一番肝心です。

例えば男性の30代から40代であれば、1700カロリー前後の摂取。
同じ年齢層の女性であれば、1300カロリー前後が必要な規定食の量なのです。

それらを多く摂り過ぎた食生活をしていると、体重の増加、体型も曲線の無い状況になる。

ですから、現在の女性に多く見られる単なる細いだけではいけません。
ゴボウや棒状の体型や、鎖骨を意識しすぎた首元のがりがりの筋状態…
決してダイエットとは言えない、美しさにも欠けるものだという事になるのです。

男性においても、単に細いだけでは細すぎて綺麗なスーツ姿では無い人。
つまり、スーツの上着と体の間に空間が出来過ぎて、貧弱な体型に見える人もいます。

知っておきたいダイエット時の正しい食事

ダイエット中の女性

正しいダイエット=規定食を摂るには、まず、自分の好きな食べ物。
日頃、一番多く食べている食事の大まかなカロリーを知る事です。

例えば、日本人の9割が好きなカレー。
チキンカレー、ビーフカレー、ポークカレーと3種だけ比較してみましょう。

同じカレーでもカロリーは異なります。

ビーフカレーがその中では一番カロリーが低く650カロリー前後です。
後の2種は700カロリーを超えるのです。

つまり、カレーを食べたいがカロリーを落としたいと思うならば…
500カロリー前後のシーフードカレーにする等の工夫を自分で考える事です。

うどん、そば、ラーメンの3種であれば、うどんが一番カロリーが少ないのです。

又、玄米と白米の食事に関しても、大きく誤解を生じている人もみられます。
ご飯茶碗1杯の玄米食は250カロリー。白米では、プラス4カロリーです。

見ての通り大差はありません。

玄米の良さは食事に必要な噛み癖をつけ、30回ほど噛みながら食事をする事です。
そうすると食欲自体が落ちるので、多くの量を食べたくなくなる。

噛むという行為によって口周りの筋肉が正常になります。
顔の筋肉の
ストレッチにもなるという事でしょう。

このように、ダイエットは規定食という意味です。
規定食、つまり自分に必要以上のカロリーを摂らないようにする。
そうする事で太らない綺麗な体型を保つ事が出来るという事なのです。

意味の取り違いをせずに、太り過ぎの方も痩せすぎの方も…
毎日、規定食を摂るという本来の真のダイエットを目指して欲しいものです。

食事制限を考えている方におすすめのサプリがあります。

⇒食事制限の前にココの記事に目を通すと便利です。