Beautiful woman legs with shoes.Fashion styles.Black.
スマートなボディを求めるのは老若男女共に、永遠のテーマです。

「大切なのは、見てくれよりも心」と言われつつも、外見を意識してしまうのは…
見てくれが全てでは無くても、美しくありたいという基本的願望です。

そして何よりも「正直なところ外見で判断してしまう」ということ。
これは誰にでもあることだからでしょう。

誰だって「醜いよりは美しくありたい」というのは当然の心理です。

そこで、ダイエットが始まります。
「痩せたい、でも食べたい」という、往年の名文句があるように…
「食べる」ことが「痩せない」原因になってしまうと思われがちです。

果たして、本当にそうでしょうか?
食べたいと思う気持ちは、生物として「当然の心理」です。

ここで、当然の心理を無視し食べないで痩せようと思ってしまうこと。
それ自体に痩せない原因があるのです。

それでは、どうすれば良いか?というと…
摂取カロリーを消費カロリー以下にするということになります。
逆に言えば消費カロリーを摂取カロリー以上にすればいいのです。

・いつもお腹が空いている
・食べたいものをガマンしすぎて、ストレスになっている
・ムリな運動を続けて、体力が持たない

といった無理を続けて、ストレスが溜まってしまっては本末転倒です。

自分磨きの追及でダイエットを成功の道へと導く

スポーツをする女性

「美しさ」を求めるならば、「心の余裕」も必要なのです。

それでは一体、どうすれば良いんだろう?と、思いますよね。
痩せるために必要な事、痩せるための理由を考えてみてください。

美しくなりたいという、単純明快な気持ち。
それでは、美しいってどういうことでしょうか?

気持ちに余裕があって、ギスギスしていない状態を保っている人。
スマートで、どんな洋服でも似合う人。

線が細くて守ってあげたいタイプに見られる事が理想かもしれませんし…
逆に細いながらも、芯がしっかりしていそうで格好良い外見が欲しいのかもしれません。

「とにかく、スラリとして格好良い」
「雰囲気がふんわりしてて可愛い」

などが、美しいということに当てはまるのではないでしょうか?

男女では価値観が違うけど、良く見せるためには…

023

男性ならば「お腹が出てダボついている」と思われない体型。
メタボと笑われない体型。ぶよぶよだと笑われない体型。
痩せ過ぎで貧相ではなく、筋肉を保ちながら流行の服装も似合う体型。

それらを満たした「理想」の痩せ方。

①「無理」をしないで、心の余裕を保ったままで
②「必要な栄養を摂り」ながら
③「摂取カロリーを消費カロリー以下にする」(消費カロリーを摂取カロリー以上にする)
この3つを満たせば良いのです。

①「無理」をしないで、心の余裕を保ったままで。

これは、言葉の通りで「ストレスを溜めない」ようにします。
ストレスになるようなことはしない。またはうまく発散する事。
家と仕事の往復だけでは無く、自分の時間を作る事。

②「必要な栄養を摂り」ながら。

必要な栄養素は何かを知る事。
サプリやドリンクで補う方法、野菜などの必要栄養素を調べよう。

③「摂取カロリーを消費カロリー以下にする」(消費カロリーを摂取カロリー以上にする)

どれだけを摂取(食べて)しているのかを知る事。
どれだけを消費(運動)しているのかを知る事。

具体的に言うと

「とにかく食べない」「食欲を極力ガマンする」と言うのはやめましょう。
ストレスの原因になるのでNGです。

「0カロリー表示のものばかり選ぶ」と言うのもダメです。
必要な栄養素が偏ったり、摂れなかったりするのでNGです。

「過度な運動」もストレスの原因になります。
体力の維持が出来ず日常生活の負担になるのでNGです。

そこで、必要になるのは、以下のことです。

1)3食しっかり食べる事。ただし、食べるものを選ぶ。

2)体に必要な栄養素を知り、取り入れる。

3)過度な運動ではなく、日常的に取り入れられる運動を続ける。

a0002_010776
スナック菓子を食べる習慣をなくしましょう。
裏を見てみるとわかるのですが、莫大なカロリーが入っています。

3食取るにもバランスが大切です。
バターを塗ったパンだけよりも、バターを塗ったパン+野菜にする。

お米とふりかけ、のような食事は避けましょう。
低カロリー高タンパクの肉(鶏ムネやササミ)を心がける。

3日坊主で終わりそうなスポーツはしなくていいです。

エレベーターを使わずに階段を使う。
ダラダラ歩かずに胸を張ってシャキシャキと歩く。
歩く時には、お腹を凹ませる意識を持ちおへそに力を入れてみる。

日常生活に少しだけ運動を取り入れましょう。

これらを、無理矢理毎日しようとはしないでください。
出来なかった時も罪悪感に駆られたりする必要はありません。

自分に対して大きな心を持って、続けることに意義があります。

ちなみに、私は上記の心がけで半年で7キロ落とすことが出来ました。

無理をしない中で、出来ることをする。
日常に簡単に取り入れられる方法を選ぶ。

何よりも、ストレスを溜めないことが大切です。

痩せない原因は、無理がある方法を選んでしまう事。
きつくて 継続できない部分にあることが多いと頭にいれて置いてください。

「日常生活」に組み込める方法を探すことが、成功の秘訣です。

簡単に栄養を摂取するならこれがオススメ

自分にあった物が見つかります。