tired female runner taking a rest after running at tropical park
様々なダイエットを試みても、ハードな運動を始めても痩せない。
こういったケースはたくさんあります。そこに潜む理由は様々です。
時には幾つかの原因が重なっている場合もあります。

シンプルになぜ痩せるのかを考えましょう。

「摂取カロリーよりも消費カロリーが上回れば痩せる」というのが基本です。
なので、食べた後運動をしたり1日を通してダイエットのためにカロリー計算をする。
そうしてコントロールするのは的確だと思いがちです。

しかし実は、事の目的を「痩せる」にだけ絞ってしまうと…
かえって逆効果な結果に終わってることが多々あるのです。

そのためダイエットが長続きせずリバウンドが起きます。
そして、痩せない、痩せにくい体を作ってしまいます。

例えば、食事制限で痩せようとする時、糖分を控える、ということをまず考えます。
糖分は早く脂肪に変わりやすい成分です。

ですから、嗜好品や甘い飲み物を控えたりブドウ糖の多い果物やご飯。
これの摂取を控えるダイエットは代表的です。

確かに元々それらを大量に摂っていた場合、ある程度の効果はもたらします。
実は脳の働き、判断力や思考能力を高めるには糖分はとても必要な成分なのです。

ダイエットの為にむやみに摂るのをやめてしまうと、どうなるかわかりますか?

一日中続く頭痛や気力低下を誘う原因になります。

痩せない理由は食生活にあっても食べることを止めてはいけない

若い女性 拒否

また、偏った急激な食事制限も、カロリーを急に減らすことで、エネルギー補給が滞り飢餓状態を引き起こします。これは、突然暴食が止まらなくなる原因になります。

さらに、食事制限によって減退しやすいことの一つに「水分補給を怠る」ことがあります。
食物には必ず水分が含まれています。

ダイエットで食べる量を減らせば自動的に水分摂取も減る訳です。
これにより、血液が濃くなり、健康を保てなくなります。

以上の事柄を見ても、「痩せるためにすることが健康を害することと直結」してしまう。
こういったケースは少なくないことがわかります。

しかし、痩せるだろう。または、実際少し痩せた。
こう感じるとそれを継続してダイエットに成功したと考える人もいます。

そして、継続することで行動が極端になります。
最初は自覚症状がなくとも、身体に不都合を起こしてくる可能性があります。

この身体の不都合は「脳」と直接関連しています。
そして、「痩せない理由」についても同じ原因と考えられています。

食事や運動をすること。どれだけ食べるか。どれだけ動くと疲れるか。

これらは全て脳が感じて体に行動を訴える仕組みになっています。
ダイエット前「痩せよう思いつつもどうしても暴飲暴食が止められなかった」という場合。

脳がなんらかのストレスや障害によって飢餓状態を察しています。
そうすると「もっと食べなさい」と命令していたのです。
これ自体も、体には必要な脳の指令と行動とされます。

しかし極度な飢餓状態でもないのに…
脳が危機を感じたり、過剰摂取からの快楽を求めると行動は歯止めが効かなくなります。
本来、ダイエットとはこの行動の悪連鎖に「歯止めをかける」ために行うものなのです。

ダイエットの基本は取り組みを私生活の一部として習慣つけること!

まずは、規則正しい食事制限と適度な運動を習慣付けること。
脳を急激に刺激しないようにするのです。

今までも行っていたかのようなゆるい制限から徐々に…
体調に合わせてコントロールすることが望まれます。

特に度重なるダイエットの失敗で「痩せられない身体」を作ってしまっている場合。
方法の変更、体内調整や現時点での体力と合わせて運動プログラムを作り直す必要があります。

その結果、身体の機能がダイエットによってスムーズに進んでいると自覚できれば…
ダイエットは成功です。同時に、脳もうまくダイエットに順応している、と考えられます。

掃除をする女性

しかし、ダイエットにストレスを感じてしまうことがあれば…
脳は即座に異常を感知し、ストレスに対応するための行動を支持します。

過度な食事制限に耐えられない時。
一度食べ始めると収まりが効かなくなるほど食べ続けることになります。

脳が、危機を脱した、と感じるまでそれが続くこともあります。
結局元の生活に戻ってしまうわけです。

そして、脳は過去を記憶しています。
ダイエットによる不都合を良しとしない、と判断すれば、以前と同じ行動を即します。

運動に飽きてしまう事もこの現象が手伝っていると言えます。

良く「意志が弱いからダイエットが長続きしない」という声を聞きます。
ですが、脳に逆らえる人は誰もいません。

意志が弱いのではありません。
あなたに合った痩せるための方法を探索する必要がある。ということなのです。

また、目標体型、目標体重になったからもういいや。
などと、急にダイエットで築いた生活習慣を止めてしまうと…
これも脳が感知して徐々に以前の生活習慣に戻ろうと働く可能性もあります。

痩せない理由」を挙げるとすれば…

過度に結果を求めすぎる事。
出来ると過信してストイックになりすぎることで脳を疲労させている事。
ダイエットという習慣を断ち切ろうとする脳の行動指令によるもの。

だと言っても過言ではありません。

徐々に痩せて脳に気づかせないようにしよう。