ごはん
炭水化物の多い食材知っていますか?

ご飯、パン、麺類、イモ類、砂糖の入ったお菓子やジュースです。

それらを抜くダイエットが炭水化物抜きダイエットです。
太りやすい要因を取り除こうと言う方法です。

もともと一般的に、ダイエットには漠然と炭水化物を抜くことが効果的だ。
誰もがこうイメージしがちですがが、その仕組みを理解している人は多くありません。

私たちが考える「炭水化物は太る原因」と考える理由は何なのでしょうか?

炭水化物は本来「糖質」と「食物繊維」の混合食品成分の総称です。
炭水化物から摂取した糖質は、脂質やタンパク質より全身のエネルギーになりやすいです。

他のよりも代謝が速いとされているからです。
そのため、早く体内にエネルギーを送りたい時には炭水化物を意識的に摂るのが効果的です。
脳にエネルギーが回ることで、ストレスや疲労した身体を元気にする役割を果たします。

そのため、脳が「疲れた」と感じていたり…
過剰なダイエットによる「飢餓状態」がもとで甘いものが欲しくなったり…
嗜好品を好んだりするのはこういう理由によるものです。

すぐに使われないブドウ糖は、グリコーゲンと変わり、肝臓と筋肉に蓄えられます。
必要な時にはこのエネルギーが消費されます。

しかし、肝臓も筋肉も貯蔵できるグリコーゲンの量が決まっています。
急激に大量のブドウ糖が余ることになると、それらは脂肪組織で脂肪と変化してしまいます。

これが肥満の原因です。

また、炭水化物の糖質は血糖を作りますが過剰摂取により血糖値を高めます。
血糖値が高まると糖尿病などの病気を引き起こす原因にもなります。

炭水化物は多く摂りすぎないことが大事

このような仕組みによって、炭水化物を多く摂ることが太る原因、となるのです。

では、肥満や糖尿病の原因になる炭水化物を摂らない炭水化物ダイエット。
これはダイエットに最適なのでしょうか。

炭水化物は本来、体に必須の栄養素です。
前述の通り、代謝も速くエネルギーに変わりやすいため、なくてはならない食品成分です。
なので、この炭水化物を極限まで制限することはよくありません。

精神的ストレスや低血糖によるだるさや震え、虚弱体質など。
これらが起きることが懸念されます。

また、抜いた炭水化物の分だけ必要摂取カロリーが不足すると…
筋肉などを分解しエネルギーにするため筋肉が痩せることもあります。

011

そして、日頃より糖質を控える状態になると…
急に食事をすることで血糖値が急上昇を起こし、生活習慣病になる可能性も高いです。
元の食生活に戻した時にリバウンドを起こす確率も高いのです。

炭水化物ダイエットをする場合

減少した摂取カロリーを脂質やタンパク質で補う。
エネルギー不足による不調がないか注意する。
それらを確認しながら行うことが必要になります。

炭水化物を摂りながら太らない体を作るには!
体内で作られた糖質を効率よくエネルギーに変える事が最善です。

そのためにはビタミンB1が必要です。
糖質がビタミンB1と複合し、エネルギーに変わってゆくのです。
ビタミンB1は、豚肉、木の実、魚卵類(たらこやいくらなど)に含まれています。

日々の食事の中に、炭水化物とそれらの食品をうまく摂り入れること。
バランスよく体内にエネルギーを作り代謝をうながします。

ただし、ビタミンを含む食品は同時に脂質も含んでます。
脂肪に変わりやすい性質も持ち合わせているため…
これらも炭水化物同様、過剰摂取には十分気をつける必要があります。

炭水化物は確かに太る原因となり得る仕組みを含んでいます。
太ることに敏感な女性は「摂取すると重くなる」
と、いうイメージの炭水化物を除く食生活を考えがちになります。

しかしそれゆえに、人の身体を健康にする要素をも多く含んでいるということがわかります。
なので、潜在的に炭水化物を好んで食べることが多くなります。

特に、精神的に疲労感を持っていたり、気持ちがネガティブに陥りやすい時。

炭水化物による肥満が多いのは…

手っ取り早く落ち着きを取り戻せるものを摂ってこの不快感を解決しよう

こういった脳の働きが起こす現象なのです。
それだけ炭水化物は脳へエネルギーを送る大切な要素なのです。

炭水化物とうまく付き合う方法として最も効果的なやり方

前述のような食品成分の仕組みや組み合わせによって起こる効果、弊害をきちんと理解すること。
今までの考えを払拭し、正しい知識でダイエットを行おうとする大きな意識変化です。

そして「食べない、摂らない」と極端になって病気を引き起こすことを防ぎます。
更にどのように、どれだけ摂取するべきか。
どのような食品と食べ合わせれば良いかを考えること。

これらにより、食事のバリエーションが豊富になります。
そうすると体内バランス、体質改善に大きな効果をもたらします。

このように、心と身体を気持ちよくする食生活を続けることで…
炭水化物は太る原因」と言う固定観念を解消しましょう。

炭水化物とうまく付き合い、ストレスのない健康的なダイエットをしましょう。

難しい事は苦手な人にオススメ