体重が増えてしまう、太ってしまう大きな要因はインスリンが原因です。
インスリンが通常よりも多く分泌されているような状態だとどうなるか知っていますか?

糖質が中性脂肪に変化するのと同時に…
それまで蓄積されている脂肪の代謝が抑制されてしまうという状態となります。
そうすると、基礎代謝が落ち、さらに太りやすい体質を作り出してしまいます。

Fat hamburger

こういった体内の状態のまま生活していると…
どんなに普段よりも運動量を増やしたとしてもなかなか痩せる事ができません。

では、太る原因であるインスリンはどうして過剰分泌してしまうのか。
それは糖質の過剰摂取が引き起こすものです。

炭水化物を摂取すると、血糖値が上昇します。
炭水化物は体内で糖質に変わります。
さらにその後、脳が活発に活動するための源となるブドウ糖に形を変えます。

このブドウ糖は、確かに私たちの脳にとっては必要不可欠な要素です。
ですが濃度が高すぎるという事は、逆に私達の体にとって有害な物ともなりえるのです。

血中のブドウ糖の濃度である血糖値が上昇しすぎてしまうのです。
そこで、私達の体は、血液中の血糖値を何とか下げようとインスリンを追加で分泌します。
インスリンは私たちが摂りすぎたブドウ糖を、体内で中性脂肪に変化させます。
その中性脂肪をしまっておく場所はといえば、脂肪細胞内という事になるのです。

つまり、必要以上に食べすぎてしまった炭水化物。
どんどん脂肪に変化していき、太ってしまう原因となるわけです。

さらに、インスリンの過剰分泌は太る原因である働きをもう一つ持ち合わせています。
インスリンの仕事は、あまった炭水化物を体内で中性脂肪に変化させる事ですが…
脂肪細胞に蓄えるというだけではありません。

私達の体を、エネルギーを蓄えるような状態にさせる事が知られています。
インスリンは既に体内にある脂肪の代謝を抑制し、制限させる働きがあるのです。

インスリンが分泌すると基礎代謝が落ちて体重が減りにくくなる

体重を計る女性

基礎代謝が落ち、体内にある脂肪を燃焼する事を抑制しているわけです。
少しの運動ぐらいでは痩せない、なかなか体重が落ちない体質になります。

インスリンさえ大量分泌されなければ、脂肪は合成される事はありません。
脂肪が合成されなければ、体内に蓄積されている脂肪を使っていきます。
そうすると基礎代謝がどんどん向上し、体重が落ちていきます。

そんなインスリンを大量に追加分泌させる物。
炭水化物を摂取した時に体内に変化する、糖質だけとなります。

食事のたびに炭水化物をたくさん摂取すると…
そのたびに体内でインスリンがどんどん追加されていきます。
太る原因である脂肪が蓄えられていくわけです。

糖質を制限すれば、体内にある脂肪が使用され自然と痩せやすい体になります。
また、糖質制限は他にも私達の体にとってもう一つ注目すべき効果があります。

糖質の役割は、脳の活動をするためのブドウ糖を供給するという事です。
炭水化物を摂取せず糖質を得ない場合、外からのブドウ糖の供給がなくなります。

外からブドウ糖を供給される事がなくなるわけです。
そうなると体内で自分でブドウ糖を生成する必要性が出てきます。

すると、糖新生という人体の機能が働き始めます。
この糖新生と言う活動は、脂肪をエネルギーとして使います。
そしてタンパク質からブドウ糖を作りだす機能です。

ここで重要となるのは、脂肪をエネルギーとして使うというポイントなのです。

①炭水化物を控える
②糖質を制限すれば、糖新生をいう機能が働きだす。
③糖新生の活動時間が長ければ長いほどいい。
④長い分だけ体内に蓄積されている脂肪を燃料として燃やし続けるという事になるのです。

実際、糖質を制限した生活をすると、私達の体の基礎代謝は大幅に上昇していきます。
基礎代謝が向上すれば、痩せやすい体になるというわけです。

炭水化物を減らし、体内に蓄積される脂肪細胞を減らす事。
体内に蓄積されている脂肪を燃焼させるために糖新生という機能を活躍させるようにする事。
太る原因を減らし健康的な体を作り出すという事に繋がるのです。

実際、脂肪を摂取したところで、大幅に太ってしまうという事はありません。
常識的な範囲であれば、脂肪を沢山摂ったからといって体重増加を引き起こす事はありません。
肉や脂質を大量に食べたところで、肥満になる事はできないのです。

人間の歴史上で、食糧を満足に得る事が出来なかった時代。インスリン分泌は必要不可欠です。
エネルギーを蓄積しておかなければ生命の危険だった場合もあったと思います。
脂肪を蓄えておくという機能は、生命維持のために絶対に必要だったことでしょう。

しかし、現代社会では生命の危機が訪れる程の食料の不足という事は、ありえないでしょう。
あえて太る原因である、炭水化物を過剰に大量に摂取する必要性はありません。

⇒ダイエットにオススメのアイテムランキング