お腹の肉をつまむ女性
一言で炭水化物といっても…

炭水化物には吸収されるものである糖質
吸収されないものである食物繊維

に分類することができます。

この、炭水化物に含まれている糖質の働き。
主に私たちが脳や体を動かすためのエネルギーとなることです。

砂糖や果物、私達が普段口にしているご飯やパン、麺類、そしてイモ類など
これらに含まれるデンプンなども炭水化物の中の糖質に分類されます。

糖質の役割は主に体のエネルギーになることです。

糖質は脳や体を動かすエネルギーの役割をします。
ですが、脂質も同じようにエネルギーのもとになります。
燃焼スピードを比べると糖質の方が圧倒的に早いです。

体に吸収されるやいなや、すぐにエネルギーに変わっていきます。

一般的な成人で考えた場合

自分の体において一日に必要なエネルギーの量全体のうち…
炭水化物からとる割合を50%から70%にすることが理想的な炭水化物の摂取量
です。

しかし、一日に必要なエネルギーの量は、人それぞれ全く違うといえます。
たとえば男性、女性、また、年齢層などにより変化します。

自分の一日に必要なエネルギー摂取量を考慮しなければいけません。
その中で炭水化物の適切な量の摂取を心がけましょう。

炭水化物を摂取することによる糖質の体への吸収が不足すると…
私たちの体はエネルギー不足により、疲れやすくなる傾向があります。

体を動かすために必要な量のエネルギーを確保できないのですから。
体は燃料不足におちいった状態になるのです。

動くために燃やす燃料が無いのです。
体は重だるく、すぐに疲労感を感じるようになります。

また、糖質は脳の活動を支えている大切な要素となります。
脳の重要なエネルギー源であるため、頭の働きに大きく影響を及ぼします。

不足すると脳の活動は鈍くなり、脳の作業能力が低下します。
日中ぼーっとしてしまったり、頭を回転させなければならないような時。

うまく活動してくれないような状況になる場合があります。

炭水化物の中にふくまれる糖質が不足すると…
私達人間の体にとって、とても深刻な事態になるのです。

私達には必要不可欠な糖質ですよね。
ですが、取りすぎによって起こる恐ろしい病気があることも忘れてはなりません。

糖質の摂りすぎで肥満に…

ダイエット

糖質の過剰摂取は私達の健康に大きなダメージを与える事を知っておく必要があります。

糖質を過剰摂取が引き起こす、もっともよく知られている疾患
言うまでもなく肥満です。体に脂肪がつき、太ってしまうという事です。

糖質を必要量以上に多く取りすぎてしまうと…
私達の体は、その余った余分をどうにかして体のどこかに蓄えておこうとします。
蓄えておかなければならないため、すぐに燃焼してしまっては困ります。

そこで、体内でどうするのかと言うと…
体はせっかく体内に取り込まれた糖質のうち、消費できなかった分の糖質。
これを燃焼して失ってしまわないように、まず脳はインスリンをたくさん分泌します。

このインスリンの作用は、糖を脂肪という形に変える事です。
そして更に脂肪から、中性脂肪という形に変化させます。

中性脂肪という形に変化すれば、脂肪として体内に蓄積することが出来るようになるのです。
脂肪となったのですから、後は脂肪細胞の中に溜めこんでしまえばよいという事に。

その結果、肥満を招き生活習慣病の原因を多く作り出すことにつながっていってしまいます。

肥満が原因でかかる生活習慣病の数々には、命に係わる危険のある症状も多くあります
本当に気を付けなればならない恐ろしい要因を作り出してしまうという事になるのです。

さらに、中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられると…
なかなか燃焼しない。エネルギーとして燃えてくれない。という特徴があります。

そのため、一度蓄積されてしまうと!
どんなに燃やして使ってしまおうと努力しても…
消費するのがとても困難な状態になってしまうのです。

炭水化物(糖質)は人間のエネルギー源です。

炭水化物に含まれる糖質

私達人間が生きていくうえでは、とても重要な栄養素の一つです。

体の活動にとってはエネルギー源として大切な役割を果たします。
生きていくうえで必ず必要な物です。

体を動かすという指令を出している脳のエネルギー源になっています。
糖質の不足は深刻な事態を招くものです。

糖質の過剰摂取による生活習慣病

今や、現代社会に生活をしている私達人間にとって、もっともかかりたくない疾患の一つです。
生活習慣病を防ぐ記事や番組が多く取り上げられ、その注目度は国民全体に広がっています。
疾患者数も年々増加する傾向にある心配な原因でもあります。

炭水化物の摂取は、現代社会に生活する私達の選択にかかっているのではないでしょうか。

炭水化物に含まれる糖質の摂取量を適切にしておけば…
体にとって良い作用を招き、健康的な生活スタイルを維持できることでしょう。

毎日の生活に必要な栄養素です。
バランスを心がけ健康的な体を作る努力をしていきましょう。

生活習慣病を防ぐオススメサプリ