おかゆ
おかゆダイエット
とは?

おかゆダイエットとは、主食をお米からおかゆに変えるダイエット方法です。
ダイエットには炭水化物の過剰摂取は禁物です。

炭水化物であるお米をおかゆに変える事で少量でも満腹感を味わえます。
結果摂取カロリーを抑える事ができ、効果的に痩せる事ができる
のです。

炭水化物はなぜ太る?

では、なぜ炭水化物はダイエットには大敵なのでしょうか。
お米に含まれる栄養成分は、主に炭水化物です。
炭水化物は人間にとってエネルギー源になるものです。

太る人の多くは消費するエネルギーより摂取するエネルギーが多いためと考えられます。
エネルギー源である炭水化物は、日常生活や運動などで消費しきれないと体の中で脂肪となって蓄積されていくのです。

この結果が肥満になるのです。

もちろん一般的な食事をとっている人は、余程一日何もしないで動かない場合を除き、お米を食べたからと言ってすぐに太るわけではありません。食べ過ぎる事が肥満の原因になるのです。

おかゆダイエットの方法

おかゆダイエットは、おかゆだけを食べる方法。
それと、お米をおかゆに変えるだけでその他のおかずは通常通り食べる方法があります。

おかゆだけを食べる方法はあまりオススメしていません。
必要な栄養が摂取できないので、栄養不足になるおそれがあります。
これは避けた方がよいでしょう。おかゆ以外は通常通りの食事をしてください。

おかゆダイエットは一日のうちいつ行えばよいか

おかゆダイエットを行う場合、一日のうち1食をおかゆに変えるとよいでしょう。
ではその1食はいつがベストなのでしょうか。それは夕食の時です。
おかゆは水分が多く含まれているので満腹にはなるのですが、すぐにお腹が減るからです。

朝やお昼など、エネルギーが必要とされる時間帯におかゆを食べると空腹が酷くなります。
結果、体がもたない場合があります。
逆に不健康になったり、他のものをついつい食べてしまうなど悪循環となってしまいます。

また、夕食なら朝昼よりも食べるおかずが必然的に多いはずです。
なのですぐに空腹になる事はまずないでしょう。

3食のうち一番カロリーを抑えないといけないのが夕食なのです。
もし空腹になってしまっても、そこは少しだけ我慢して寝てしまえばよいのです。

おかゆダイエットはどのくらいの期間やるべき?

おかゆダイエットを始めてすぐに効果を期待してもなかなか難しいでしょう。
他のありとあらゆるダイエットと同様、ある程度の期間継続して行う事が必要です。

おかゆダイエットは腸の負担を軽減する目的もあります。
おかゆは本来病人が口にする物ですのでとても消化がよいのです。
消化のよいものを摂り続けていると、腸のデトックス効果で活動も活発になります。

老廃物が出やすくなったり、便秘が治ったり、肌荒れの改善もみえると思います。
これらの効果が出るには最低2週間は続けるとよいでしょう。

おかゆのバリエーション

いくら一日のうち1食のみと言っても、おかゆはお米と違ってやはり食べにくいものです。
噛み応えがない分なおさらですよね。
ですが、実はおかゆはバリエーション豊富なのです。
様々な種類のものと一緒に食べると飽きずにダイエットを続けられますよ。

その一例を紹介します。

お米をおかゆに変えたからと言ってその他は何でも食べても大丈夫!
と、いうわけではありません。

味を変えるために、濃い味のものや油っこいものをおかゆと一緒に食べたくなります。
ですが、やはりダイエットですから低カロリーのものを選ぶとよいでしょう。

梅干しや昆布を乗せても美味しいですし、和風だしを利かせてほうれん草や豆類などをトッピングしたり、鶏ささみとねぎを少々入れたりするのもよいでしょう。

中華味のだしを利かせるなら、トマトなんかもとても合いますよ。
カサ増しに大根を入れても大丈夫です。ですが、どんな食材でも入れ過ぎには注意です。

あくまでも毎日飽きずに食べれる事が目的なので基本薄味です。
トッピングも少量にしておきましょう。

今は自宅の炊飯器におかゆモードがあるものが主流です。
この機能を使えば簡単におかゆを作る事ができます。

間違っても油っこい揚げ物やあんこなどの甘いもの、同じ炭水化物であるお餅など入れないように注意してください。

おかゆダイエットの効果

お粥はご飯よりも少しの量でお腹がふくれるので、結果的に普段よりも食べる量が減らせます。
水を多く含んでいますので、同じ一人前の量でも普通のご飯より量が少なくて済むのです。

カロリーに関して言えば…
ご飯一膳は約200kcalですが、おかゆは約半分の100kcalになります。
同じ一膳食べた場合でもご飯の半分のカロリー摂取で済みます。

また、温かいおかゆを食べる事によって身体が温まりますので新陳代謝が促されます。
この新陳代謝もダイエットには重要な事で痩せやすい体質をつくるのです。

さらには温かいおかゆは冷ましながらゆっくり食べますので、早食いも防ぐ事ができます。
普通にご飯を食べるよりも満腹中枢を刺激して早くお腹がふくれるのです。

よって食べ過ぎる事もなくなります。
このような事から、おかゆダイエットは確実に痩せる効果が表れるのです。

お粥だけだと、栄養が気になる方はこちら