雨の中で傘を差して横断歩道を渡る人々

太る理由にはタイプによって様々です。大きく分けて、食事と生活習慣の2つです。
食事にも枝分かれのように太る理由に違いが出てきます。

食事の中でもカロリーの問題は一番大きい要素です。
一般的な成人の摂取カロリーの目安は、約1800kcal-2200kcalが目安とされています。

男女の身体的な特徴に違いがあるので差がでます。
男性は体も大きく代謝がよいですから摂取カロリーは当然高くなります。

しかし、それ以上にカロリーを摂取した上に一日中座りっぱなし。
滅多に動かないような生活をしていれば代謝をしなくなります。
そうすると最低限のカロリーだけでも太る理由になります。

食事の内容によっても太る理由になります。

0aa9e963d582b5940b764a37acc9f2be_s

炭水化物、脂質、糖質は太る理由に挙げられることが多いです。
これらの摂りすぎが原因で太ることはわかっています。

健康診断や人間ドックでも血液検査だけでわかります。
炭水化物、脂質、糖質のバランスが悪いとすぐに影響が出る栄養素といえます。

炭水化物を抜く事でダイエット出来ると言われているほど体に大きな影響を及ぼします。
ですが、ダイエットの失敗の原因になるのも炭水化物だといわれています。

炭水化物が太る理由と言われているのは、炭水化物が消化される事で糖質に変わるからです。
これが体に蓄積されていき、体重が増え体脂肪が増えていく結果になるというわけです。

炭水化物抜きダイエットは、体を一時的にでも飢餓状態にする危険性があります。
体調を崩しやすく、栄養が偏ることで逆に痩せにくい体にしてしまうことがあります。
結果的にこれも太る理由になるといわれています。

同じく、糖質や脂質も太る原因です。
体にとって必要な栄養素である事は間違いありません。
ですが、摂取オーバーになってしまいやすいのが難点です。

糖質や脂質は、食生活の中でもカロリーが高く非常に美味しい物ですが…。

ダイエット

お菓子やケーキ等、太る理由に挙げられる代表的な食べ物。
それは糖質と脂質で出来ている事がほとんどです。

毎日のように摂取していれば、すぐ太ります。
一日の摂取カロリーを一瞬でオーバーしてしまう事になります。

揚げ物等の摂取も注意が必要な事は言うまでもありません。
炭水化物を使った揚げ菓子や、フライやナゲット等。
コンビニで購入しておやつにする等、間食としても揚げ物を食べるのは要注意です。

お腹を満たすという点では、間食に油物を摂取する人は意外と多いです。
一日のカロリー摂取の中にもおやつをカウントしない人がいます。

食べたものを正確に把握しないことも太る理由になります。

例えば1kgの体重を減らそうとします。

ですが、消費カロリーに換算するとどれくらいかを知っている人は少ないです。
知っている人はその数字に驚愕したことでしょう。

7000kcalという膨大なカロリーを消費して、やっと1kgの体重が減るのです。
そう簡単に3kg、5kgという体重が減るわけがありません。

人間には毎日の水分補給が必要です。
その水分も糖分がたっぷりと入ったものを摂取していては太る理由になります。

飲み物の場合、太る理由として盲点になりやすいです。
食事内容の事に目がいくものの飲み物はまったく考慮していなかったということもあります。
スポーツドリンクは糖分が多く含まれており、寝る前などに飲んでいると太る理由になります。

食生活だけではなく、生活習慣そのものにも太る理由があります。

よく、急に太りだしたという人の生活習慣を見てみるとわかるのですが…
とにかく睡眠が足りていません。毎日疲れ切って帰宅するにも関わらずです。

仕事や学校での高いテンションをそのまま引きずるわけです。
寝る前まで落ち着かない状態でいると、布団に入っても寝入るまでに時間がかかります。

時計を見る女性

また、そのような状態では眠りが浅く、深い眠りに落ちる前に目が覚めます。
ウトウト状態の連続になってしまいます。

朝起きたら体が疲れているというケースがこれに当てはまります。
寝れないからと言ってお酒を飲んで寝る事も太る原因になりますので注意です。

疲れがとれる程度の熟睡を得ていない生活は…
就寝中の成長ホルモンの分泌を抑え込んでしまいます。
成長ホルモンは人間が作り出す「自然のやせ薬」とまで言われています。

生活習慣の乱れや不十分な睡眠により成長ホルモンが出ない事で太る理由になります。

睡眠障害という病気があります。
この病気に気づく第一歩が肥満や急に太りだしてきた事による自覚症状
だそうです。

夕食の時間や入浴の時間にも注意が必要です。
残業続きなどでどうしても生活のリズムが夜に集中してしまう人がいると思います。

夕食や入浴の時間が後ろ倒しになってしまいます。
このような場合、食事のすぐ後に入浴するなど慌ただしい生活リズムになります。
寝るまでに体を休めることができないのでリラックスできません。

入浴直後の体が温かい時には目が覚めてなかなか寝つけません。
少し体が冷えはじめた頃が眠りに入りやすいといわれています。
このタイミングを逃して眠りに入れない事で太る原因を作ってしまう人もいます。

なので、その生活習慣を根本的に見直さなければなりません。
太る原因は1つではありません。生活の中でいくつか当てはまるものを改善しましょう。

⇒痩せやすい体を作ってくれるアイテムランキング