あごを乗せる人

食事制限や運動、サプリメントや生活習慣の見直しなど…
様々なダイエットに挑戦しているのだけど、なかなか痩せない。

そんな人は多いと思います。

頑張っても頑張っても痩せないとなると、大変なストレスになるものです。

もうやめてしまおうか……と考える前に!
あなたの体を痩せにくくしている原因は一体何なのか。
その可能性のあるものを幾つか取り上げて、考えてみましょう。

痩せにくい理由1:代謝の低下

食事量を極端に減らしたり、炭水化物をほとんど摂らなくなったり。
そんな食事制限に取り組んでいる人が多くいます。

ダイエットの種類としてはかなり大変な部類になると思われますが…
辛い思いをする割には効果の程が釣り合っていないと感じる人も多いでしょう。

始めのうちは順調に痩せたものの…
ある時からあまり効果を感じなくなったという声もよく聞きます。

その原因の一つとして、極端なカロリー減に体が慣れてしまった事です。
体が慣れてきて代謝量が下がってしまったということが考えられます。

最初のうちは消費カロリーが摂取カロリーを大きく上回ることで痩せます。
ですが、次第に消費カロリーも低下していきあまり効率的ではなくなるのです。
いきなり極端な食事制限をするよりは、少しずつ食事の量や質を改善していきましょう。

試合前には壮絶な減量を行うことで知られるプロ格闘家。
減量中のストレスや代謝の低下を解消するための方法として…
週に一度程の頻度であえて高カロリーな食品を摂ることがあります。

こういった方法も参考にすることができるでしょう。

痩せにくい理由2:不適切な運動時間

脂肪を燃焼させるためにランニングやジョギングなど…
様々な有酸素運動に取り組んでいる人も多くいますよね。

よく知られていることでもありますが、有酸素運動は一定の時間を継続すること。
それが効果的なのです。その目安は20分以上と言われています。

有酸素運動を始めると少しずつ脂肪が燃焼されていきます。
ですが、その脂肪の燃焼にも順番があります。

まず運動の開始から20分までは血液中の脂肪から燃焼されていくのです。
そして20分を過ぎた頃から、本命の皮下脂肪などが燃焼されていきます。

ですのでせっかく重い腰を上げて運動を行っても早い時間で止めてしまうと…
これから皮下脂肪を燃焼しようと準備体勢に入ったところで止めてしまうことになります。
とても非効率的なのです。

運動を始めたけどなかなか痩せないなと感じたら…
時計を見ながら運動の時間を見直してみると良いかもしれません。

痩せにくい理由3:腸内細菌のバランス

最近では腸内細菌のバランスが肥満にも影響を与えているという事実が発見されています。

腸内に100兆個以上あると言われる腸内細菌ですが…
それらのバランスが悪くなり悪玉菌が多くなるとエネルギー吸収にも影響を与えます。
そして太りやすい体質になってしまうことが指摘されています。

つまり腸内細菌のバランスによって…
同じ食事をしている人でも太ったり、太らなかったりと差が出てしまうのです。

善玉菌を増やし腸内細菌のバランスを改善させる必要があります。
そのためには食事の質を見直す必要があるかもしれません。

食物繊維やオリゴ糖は善玉菌を増やす栄養素です。
これらを含む食品を積極的に食べることは効果的です。

※注意

特定の食品ばかりを摂取することは腸内の細菌に偏りを生じさせます。
腸内細菌のバランスには悪影響です。

色々な食品をバランスよく食べることを心がけましょう。

痩せにくい理由4:自律神経の乱れ

自律神経は人体の様々な機能に影響を与えています。
その自律神経が乱れ、代謝や消化などの機能に悪影響が出ると…

太りやすい体になっているという可能性もあります。

自律神経の乱れを整える方法としてまず考えなくてはならないのが、日頃の生活習慣の見直し。
食事や睡眠の時間はなるべく規則正しく、適度な運動を習慣づけましょう。

また長時間パソコンなどの明るい画面を眺めていたり…
音のうるさい場所にいたりすることも自律神経の乱れの原因となり得ます。

また、難しいことですがストレスはあまり溜め込まないようにしなければいけません。
自分なりのリフレッシュするための方法を生活の中に取り入れましょう。

痩せにくい理由5:血行不良

血行不良に陥ると冷え性や肩こり、むくみなどの原因になるばかりか代謝を低下させます。
代謝が低下すると脂肪の燃焼を妨げます。

血行を良くするための方法としては、やはりこちらも規則正しい生活と適度な運動です。
また、血液をサラサラにする効果のある食品を積極的に摂取しましょう。
玉ねぎ、納豆、青魚などがその筆頭となる食品です。

逆に脂肪やコレステロールの多い食品は血液をドロドロにしますので注意してください。
リンパマッサージや半身浴などが効果的な場合もあるでしょう。

タブレットを使う医師

以上、痩せにくい体を作っている可能性がある5つの原因をご紹介しました。

ダイエットを頑張っているのになかなか痩せない

そんなふうに思ったら一度これらのことについて考えてみてください。
見直す部分や改善できる部分がわかればきっと痩せてくるでしょう。

身体の中を綺麗にすると自然と外見も綺麗になります。