寛ぐ女性

ジョギングにエクササイズ、サプリメントに食事制限等。
日々ダイエットに励んでいると思いますが調子はいかがでしょうか?
特に食生活の改善は大きなポイントですが、効果は出ていますでしょうか?

ダイエットを成功させるためには単にカロリーを減らすだけでありません。
ダイエットに効果的な栄養をバランスよく採る事が大切です。

実は食べる順番によってもダイエットの効果が全然違ってくるというのをご存知でしょうか。
お吸い物にお惣菜、ご飯…どれから先に食べますか。

今回は食べる順番を意識しただけでダイエットを効率化できる方法。
食べる順番ダイエットをご紹介したいと思います。
とても簡単なので、参考にしてみてください。

ダイエットを効率化できる食べる順番ダイエット法

早速食べる順番をご説明します。

ここではその理由に合わせ、食品ごとに含まれる栄養価。
更に、その役目もご紹介していく事にしましょう。

d075b8b78800308989065cfa1597e2ed_s

「序盤はお味噌汁から」

ダイエット中はお食事の時間が唯一の楽しみ。
ですが空腹の状態からいきなりおかずや、ご飯を食べてはいけません。

ここは、お食事中の満腹感を少しでもプラスするために!
先にお味噌汁か野菜スープを飲んでおきましょう。

お味噌汁の中身として特にオススメなのはわかめです。
わかめはダイエット時の定番の食品として有名ですよね。
わかめの量1gで約1kcaと低カロリーしかもビタミンが豊富な食品です。

「お食事に前菜は付き物です」

昔からの単なる習慣なのか。
それともダイエットを計算した先人の知恵なのかは定かではありません。

ですが、お食事に前菜は付き物ですね。
という理由でお味噌汁の後はお野菜や果物を食べるのがダイエットに効果的です。

その理由は野菜や果物に含まれる食物繊維。
食物繊維は消化に悪いので満腹感を感じやすいという事。
次に肥満の原因とされる血糖値の急激な上昇を抑える働きをします。

オススメの野菜はキャベツ、レタス、トマト。どれも手に入りやすい食材です。

キャベツの中には、種類も豊富なビタミン類やミネラルも含まれています。
レタスには食べ物に含まれる糖質を直接エネルギーに変えるビタミンB1。
トマトには体に溜まった脂肪を燃えやすくするビタミンB6が含まれています。

ただ注意していただきたいのは、野菜サラダに何をつけて食べるかです。
思わず連想するのは、マヨネーズかドレッシングだと思います。

ですが、マヨネーズはカロリーが高くて危険です。
市販のドレッシングの中にはご飯一杯分と変わらない高カロリーなドレッシングもあります。

ですが、生野菜だけをバリバリ食べるというわけにもいきませんよね。

そこでオススメなのがお酢です。
ダイエット用のお酢ドレッシングを買ってきて使うのがお手軽です。
無い時は、めんつゆにお酢を混ぜれば簡単お酢ドレッシングの完成
です。

3104a47473c7bf26e076f4126679defb_s

「いよいよメインディッシュです」

お味噌汁と野菜である程度お腹を満足させた後メインディッシュの登場です。
ダイエット中は肉や魚を敬遠しがちです。

ですが、タンパク質は血や肉を作る栄養素なのでたとえダイエット中でも必要です。
大豆などの植物性タンパク質を採る方法もあります。

カロリーが低いメリットの代わりに…
必要なタンパク質の量をとり難いというデメリットもあります。

つまり両方バランスよく採ることが大切です。
ちなみに肉を食べる時は脂質をほとんど含まない鶏の胸肉がオススメです。

「最後にごはん、ここがポイントです」

「今はダイエット中だからご飯は食べません!!」
こういったとんでもない勘違いをされている方もいらっしゃいます。

ご飯に含まれる炭水化物は確かに血糖値を上昇させて脂質を溜め込んでしまいます。
ですが、逆に血糖値が上昇しないと満腹中枢がうまく機能しません。
機能しないと、いつもお腹が減っているという状態になります。

その結果、逆に間食が多くなりダイエットを失敗します。
なので、ダイエット中でもご飯は食べるべきです。

食べるポイントは食事の最後に食べる事。血糖値の急激な上昇を緩和します。

食べる順番ダイエット法成功のコツ

箸と箸置き

最後に順番ダイエット法の成功のコツをいくつかご紹介しておきましょう。

「口に入れたらお箸を置き、ゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べる!!」

いくら忙しいからと、ゴクッと飲み込まないようにしましょう。
お腹いっぱいになった感じがしないばかりか満腹感も持続しません。

よく噛んで食べると言えば…
お昼がパン食の方は白パンを今ダイエットで注目されているライ麦パンに変えてみては?
ライ麦パンは固いので、嫌でも噛んで食べないと喉を通りません。
カロリーも白パンより低いです。

「濃い味のおかずをさける」

濃い味のおかずは、やはりご飯を沢山食べたくなりますよね。
いくら順番通りに食べても、食べ過ぎだけには注意しなくてはいけません。

食べ過ぎと言えば、ご飯をおかゆにかえるという手もあります。
ご飯一膳は259kcal、おかゆは一食分178kcalです。

「朝たくさん食べて夜は少なめに」

夜沢山食べたら太るという話がありますが、これ本当なんです。

人の体の中には体内時計があります。
朝太陽の光を浴びるのを合図にだんだん活動的になります。
夜になると自然と眠くなるようになっています。

その体内時計の一つにBMAL1(ビーモル1)という遺伝子があります。
その日に食べた栄養分を溜め込もうとする働きをするのです。

そのBMAL1の分泌が一番多いのが、夜10時から早朝2時までの間。
ですから、朝に沢山食べて夜控えめにするほうが太らなくてすむのです。

食べる順番ダイエット法のまとめ

いかかですか?

簡単にできてしかも効果的な食べる順番ダイエット
あなたのダイエット法と合わせてぜひ実践してみて下さい。
とにかく食べる順番を守ること。カロリー量を考えて食べ過ぎないこと。
そして栄養のバランスが取れた規則正しい食生活を送ることが肝心です。

食べる順番ダイエットについては、こちらの記事もご参考に!
ちょっとだけ食べる順番を意識すると痩せる