ペンギン

ダイエットで「全然痩せない」「痩せた気がしない!」という方が多いはず。

運動もしてるし、食事制限もしてる。
お菓子だって食べていない!何故?!と嘆く貴方。
実はダイエット方法が間違っているのかもしれません。

間違いがちな常識として「炭水化物抜きダイエット」があります。

米やパンをまったく食べずにいると、健康を害す可能性が高くなります。
貴方の体は痩せるどころか病気になってしまうのです。

炭水化物は重要なエネルギー源で、いわばガソリンのような物。
これを抜いてしまうとエンジンを掛けたくてもかからないという事態に陥ってしまいます。

0aa9e963d582b5940b764a37acc9f2be_s

更に炭水化物を抜いた食生活を行うと、体調不良や集中力が散漫します。
仕事やプライベートにも悪影響を及ぼしてしまうのです。

炭水化物の取り過ぎが、ダイエットの敵なのは間違っていません。
ですが、取り入れる「量」を少なくするだけでも。
米・パン中心を玄米等に置き換えるだけでも効果があります。

運動しながらダイエットをしている人は絶対に炭水化物を抜いてはいけません。
これも体の「ガソリン」を入れずに走り出そうとしてる事と同じです。
また、炭水化物抜きダイエットはリバウンドしやすいダイエット方法とも言われています。

次に「朝食抜きダイエット」に挑戦されている方これも間違っています。

人間の体で一番カロリーを消費する朝にエネルギーを取らないという事は…
体にセーブ機能がかかってしまいます。

「栄養がこないから、次から来る栄養を体に貯め込むようにしよう」
等と勝手に体が働き太ってしまう大きな原因となります。
そうすると、痩せにくい身体の出来上がりです。

朝はしっかり食べると体にエネルギーが蓄積されます。
昼や夜に過剰な飲食や間食をしなくていいようになります。

更に、朝食抜きダイエットは危険です。
糖尿病などの生活習慣病を発症するリスクが高まる事でも知られています。

なかなか痩せない原因は食事制限にある?

6c4599c96b5f804fea9008bc4bfdb739_s

次に「お肉を食べないようにする」というダイエット。

これって実践している人は多そうですよね。
ステーキなどはもってのほか、野菜いための肉、カレーに入っている肉。
等過剰なくらいお肉を食べないようにするのは絶対にNGです。

お肉には大量のタンパク質が含まれています。
これらを減らしたりまったく食べないでいると、体内のタンパク質が不足していきます。

タンパク質は筋肉を作る栄養素ですから、筋肉や基礎代謝が落ちます。
結果的に脂肪が燃えにくくなる原因となり、ダイエット効率が下がってしまいます。

また、タンパク質は筋肉、皮膚、髪、爪、そして臓器やホルモンや免疫体等々。
様々な体を作り上げる物質として重要な役割を担っています。

ダイエットの敵なのは「脂肪」であって「タンパク質」ではありません。

脂肪が沢山含まれる部位を食べないようにするだけです。
脂質が少ない鳥肉(主に胸肉など)にする。油を使った調理方法にしない等。
このような方法で美味しく我慢せずダイエットを行うことができます。

食事制限も大事だけど適度な運動も必要です。

young asian woman running in the park

「運動しないで痩せる」というのも、よくはき違えてしまうことです。

楽して痩せる方法や、○○だけして痩せる等お手軽感を出したダイエットが沢山あります。

実際に痩せたという事例は沢山ありますが…
それは脂肪が減っただけでなく体の重要な要素である、筋肉が減ったせいです。

食事だけでダイエットしようとすると必然的に低カロリー高タンパクのダイエットとなります。
低カロリーの状態が続くと体は飢餓状態となります。

エネルギーを多く消費する部位である筋肉も減っていくので適度な運動は必要です。
健康的に痩せていくのではなく、これはただ体が細くなっていく結果になります。

今はそれでいいかもしれませんが年齢を重ねた結果…
何年後かに必ず体にダメージが現れてくるのが怖いのです。
少なからず運動をして痩せるようにしましょう。

毎日少しだけ歩くのを続ける。毎日ストレッチを続ける。
この「毎日続ける」という事がキーワードになります。

痩せにくい体になっているという事。
これも、なかなか痩せないと悩んでいる人に見直して頂きたい1つです。

前述した運動をしないで痩せようとしている方もそうです。
基礎代謝の低下がその原因と言われています。

食事の仕方も原因と言われております。
1度に大量のものを口に入れ、よく噛まずに飲み込むことも低下させる原因です。

基礎代謝をアップさせ痩せやすい体にするためには、筋肉質をアップさせましょう。
筋肉には「冷え」が大敵です。

女性は多くの方が悩んでいる悩みでもあると思います。
暖かい食べ物や飲み物で筋肉を冷えさせないようにしましょう。

体内から改善していく必要があります。

心配する医師

基礎代謝は20代後半がピークと言われております。
30代になると筋力が徐々に落ち始め、基礎代謝も下がってきます。
何もしなくても10代の頃痩せやすかったのは、基礎代謝が高いからです。

30代後半からダイエットを始める方
ウォーキングなどの有酸素運動で筋力を上げましょう。
基礎代謝をアップさせていくことがダイエットに重要となります。

どうしても痩せにくくなる40代
楽しみながら有酸素運動を取り入れる方法(買い物、犬の散歩)を実践しましょう。

⇒ダイエットのお供にオススメのアイテム