rice porridge

みなさんはおかゆダイエットってご存知ですか?

おかゆダイエットの効果は即効性かつ効果が長く続くものです。
今回はそんなおかゆダイエットの効果についてご紹介します。

このダイエットではまず食べる量が減らせます。
おかゆはご飯よりも水分を多く含み、少量でお腹いっぱいになるからです。

水分を吸ってかさがますので同じ重さだけ食べても大丈夫!
おかゆならお米の約半分のカロリーになります。

水分が多く、炭水化物が少ないのが魅力です。

注目ポイント:某ダイエットサイト引用分

炭水化物は体内に吸収されると血糖値が急激に上昇し、インスリンが分泌されます。
インスリンには、血液中の糖分を細胞の中に取り込み、脂肪として蓄積する働きがあります。

また、温かいおかゆをいただくと身体が温まり、代謝を活発にします。
熱々のおかゆを時間をかけてゆっくり冷ましながら食べること。
そうすると満腹中枢が刺激され、食べ過ぎも防げます。

おかゆ

おかゆダイエットのおかゆは少し硬さを残して炊きます。
噛んで食べることは満腹中枢を刺激するためです。

おかゆダイエットのやり方は主食のごはん(白米)をおかゆに置き換えるだけです。

おかゆダイエットでは三カ月で体重18㎏減
一週間で10㎏減などの驚きの効果が続々出てきています。
普通ダイエット、健康法は3ヵ月ほど続けることだといいます。

健康に関する事は何をするにもゆっくり効果がでてくるものだと言います。

お腹の肉をつまむ女性

しかしおかゆダイエットはなんと一週間で効果が出ます。
しかも体がなれてしまい、途中から体重が落ちなくなるということがありません。

より効果的に脂肪を蓄積させたくないなら、お粥ダイエットを夕食時に行います。

人の体は、自律神経(交感神経・副交感神経)によって調整されていて、たとえば交感神経は、昼間優位に働き、脂肪を分解し、消費させる働きがあります。

一方、副交感神経は、夜間優位に働き、栄養を吸収し、脂肪を蓄積させる働きがあります。
夕方以降に食事をすると、脂肪を蓄積しやすくなるのです。

その時に脂肪に変わりにくいおかゆをいただくことで、痩せられるようにするというものです。
おかゆは禅の世界においても体にいいとされています。

「粥有十利」といってお粥には10の効能があるということです。

  • ①お肌がきれいになる
  • ②体力がつく
  • ③長生きできる
  • ④食べ過ぎてもそれほど苦しくない
  • ⑤血行を良くし、頭脳明晰、弁舌爽やかになる
  • ⑥体に残って胸やけしない
  • ⑦風邪にかからない
  • ⑧空腹をいやす
  • ⑨のどの乾きが消える
  • ⑩便通が良くなる

食事の理想は1日1度はお粥を食べることで、禅寺で修行される方の朝ご飯はお粥です。
お粥の炊き方は、炊飯器のおかゆモードを使うのが便利です。

おかゆダイエッはト既成品を買ってきて食べるダイエットとは違います。
自分で作って食事するのは普段の食事といっしょなので、調理が楽だと続けやすいですよね。

お米をセットするときのお水の量は、基本お米の5倍です。
普通のご飯は1.2倍くらいですよね。
お粥を炊くときはお米を炊くときよりも結構お水が多くなります。

もっとお水が多くていいなら、7倍から20倍くらいまで出来ます。
お米の硬さによってお粥に名前がついています。

基本のお粥、お水が五倍のお粥では炊き上がるお米を30回くらい噛んで味わいます。
よく噛むことで満腹感を感じやすくします。

▼お水の量 カロリー
三分がゆ 米:水 = 1:20 30kcal
五分がゆ 米:水 = 1:10 53kcal
七分がゆ 米:水 = 1: 7 75kcal
全粥   米:水 = 1: 5 100kcal
白ご飯    米:水 = 5: 6 160kcal

おかゆダイエットのデメリット

お粥ダイエットはご飯をお粥に変えるだけ。
を、するうえでデメリットとなるのが、味付け、トッピングがないと地味だということです。

シンプルなお粥は素材の良さを楽しむことができて飽きのこないものです。
が、ダイエット中は味の濃いものを食べたくなります。

お粥にお塩をかけたり、梅干しを入れたりするのはいいのですが…
あまり塩分が多くなりすぎると健康にも影響を及ぼし浮腫みも出てきます。
それだけでせっかくおかゆダイエットをしているのに太りやすくなってしまいます。

七草粥

なので、お米1合に対して200g程度を目安に。
きのこや野菜を中心に、一工夫何かを合わせて具を加えると飽きることもありません。

野菜やキノコには食物繊維が含まれているので、体にも優しいです。

七草粥

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろを加えおかゆと一緒にいただきます。

たまご粥

おかゆを炊く過程で、卵を混ぜ、食べる前に薬味ねぎを散らします。味噌を入れたり、タマゴをゆで卵にしてカットしてみても盛り付けに変化が出ますしおいしいです。

おろし粥

おかゆを炊きます。最後に千切りにしたシソと大根おろしを載せ、いただくときに混ぜます。お塩とレモン等やポン酢しょうゆで味を調整します。

シーチキン粥

おかゆを炊きます。熱いうちにシーチキンとマヨネーズをまぜたものと、別でひじきを加え、塩で味を調整します。おしょうゆも合っておいしいです。ダイエット中でも我慢しすぎるのはよくありませんが、シーチキンもマヨネーズも摂りすぎないようにしましょう。

工夫するのもいいけれど、もっと簡単に痩せたい人はこちら