6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

数あるダイエット雑誌や健康番組などで…

「ダイエットしたいならストレスは禁物!」
「ストレスのない食事制限・運動を心がけましょう」

などと、とにかくストレスフリーである事がダイエットの鍵だ!
となるような提言が盛んになされているものです。

また、一生懸命ダイエットに励んでも痩せない体を作ってしまう原因。

ストレスにあるとするなら、そのストレスはどのようなメカニズムで私たちの人体に影響を与え、ダイエットの妨げとなってしまうのでしょうか?

そこで、痩せない体とストレスの因果関係、ストレスがダイエットを妨害するメカニズムについて具体的に見ていきたいと思います。

①ストレスが蓄積すると脳は飢餓状態にあると錯覚する

人間関係のトラブルや仕事上の悩みなど。
様々なストレスを抱え込むと脳は自分の体が飢餓に陥っていると錯覚します。
そして副腎皮質ホルモンを多量に分泌させて体を守ろうとします。

その副腎皮質ホルモンの代表的なものとしてコルチゾールが挙げられます。
コルチゾールは成長ホルモンの働きを阻害しようとします。

人体に脂肪を蓄積させようとする働きがあります。
体をできるだけ低燃費にすることによって飢餓状態から救おうとします。

つまり過剰なストレスに晒されてしまうと…
脳の指令でコルチゾールが盛んに分泌されるような体になってしまいます。
すると、カロリー制限したり運動してもなかなか脂肪が燃焼しません。

むしろ痩せない体へと変化していくわけです。

②過剰なストレスは筋肉減少や水太りの原因に

ストレスを溜め込むことによって分泌されるコルチゾール。

脂肪を蓄積させようとする働きだけに止まりません。
筋肉量をも減らしてしまうので、さらに痩せない体に拍車がかかることとなります。

コルチゾールは脂肪と一緒に水分も蓄えようとする作用があります。

慢性的なむくみの症状に悩まされたり…
夕方になると下半身のむくみが悪化したり…
いわゆる水太りの症状が顕在化する可能性もあります。

③ストレスが増えるとセロトニンが不足する

セロトニンというのは人間の幸福感や満足感を司っている物質です。
しっかり分泌されている状態の人は適切な食事量で満足します。
なので、過食に走ることも少ない傾向にあります。

大きなストレスに晒されると一時的に脳内のセロトニン量が大幅に不足してしまいます。
結果的に暴飲暴食への衝動を自制できなくなることが考えられます。

セロトニンの量が不足した時に摂る食事というのは空腹を満たすための食事ではありません。
不足したセロトニンを増やそうという本能に支配されて摂る食事になるわけです。

これが大問題なのです。
手軽にセロトニンをアップさせられる糖質、脂質過多なメニューばかりを食べてしまいます。

要するに、重大なストレスを抱えていてセロトニンが不足した状態では…
いくらダイエットの目標を掲げても食生活等の管理が極めて難しくなってしまいます。

そんな状態でダイエットを計画しても計画倒れになる可能性が圧倒的に高いです。
まずはストレスから解放される、しっかりと脳を癒すことが先決になると言えるでしょう。

④ダイエットそのものがストレスになる可能性もある

真面目な性格の人ほど、ダイエットにおいて目に見える結果が出せないと焦るものです。

長期的な目標を掲げていても途中でリバウンドしてしまったり…
停滞期が訪れたり、女性の場合は生理周期によって思うように痩せられなかったり。

それが大きなストレスになり、ダイエット自体を苦痛に感じることもあるかもしれません。

ストレスでコルチゾールの分泌量が増えたり、セロトニン不足に陥ったりしてしまうと…
コントロールが効かない脳や体になってしまいます。
そうなるとますます体重や体脂肪を増やす結果になってしまう危険性が大きいのです。

⑤あれこれ計画を立てることもストレスの要因に

計画を立てないと上手く事は運ばない、と思っている方も多いかもしれません。
ですが、ダイエットに関して言えば数字的なノルマに囚われたりしないでください。
毎日サプリメントを飲まなければいけないなど。

決まりごとが多くなればなるほどストレスは増大していく可能性が高まります。
また、ダイエット期間が長くなるほど、多少のストレスに晒される期間も長くなる。
と、いうことを想定しておくべきでしょう。

お腹の肉をつまむ女性

以上、痩せない体とストレスの因果関係について見てきましたが…
ストレスがいかに人の体を痩せ辛くさせるのかお分かり頂けたでしょうか。

ダイエットを成功させるには、心身ともにストレスが少ない状態であること。
痩せることで更に自分の人生が明るく変わるといった前向きなイメージを持つこと。

これが大変重要なポイントとなるでしょう。

少しリバウンドしてもクヨクヨしない。
体調が思わしくない日は運動は無理に取り入れない。
たまには甘いものも自分へのご褒美としてポジティブな気持ちで食べる。

そうした緩い感覚で、ストレスフリーなダイエットを実践してみてはいかがでしょうか。

痩せやすい身体を作るためには!