水滴

私が着目したのは、まずは基礎代謝をあげるということです。

代謝が上がると痩せやすくなるということは、結構有名な話だったりしますよね。では基礎代謝を上げるためにはどうしたらいいのか?運動やマッサージなどいろいろ方法がある中で食べ物について着目してみました。

どうやら体が冷えると、臓器の働きが鈍ってしまって、基礎代謝が低下してしまうようなんです。これではダイエットもなかなかうまくはいかなさそうですよね…。

温かい料理で体の内側から温めたり、体を温める成分を持っている食材を食べる必要がありそうです。

まずは、やはりしょうが!

f0a0f7cd8c5ff150835a6192e81e526f_s

しょうがには発汗作用や保湿作用があります。中国では漢方薬や薬膳にも使われるそうで、冷え性改善にもおすすめのようです。しょうがの成分である「ジンゲロン」には、血行を促進する作用や体を温める作用があるようなので、基礎代謝を上げるにはもってこいです。

スーパーにはしょうがのチューブタイプのものもあるので、手軽に取り入れられそうです。とてもお手軽に出来るのは、白湯にしょうがをいれて飲むことです。芸能人の方も取り入れているようなので痩せる体質を手に入れることが出来そうです。

そして唐辛子。

56652dbb5616b114e3561f2a0cda08ce_s

唐辛子に含まれる「カプサイシン」有名ですよね。
カプサイシンは、交感神経を刺激してアドレナリンの分泌を活性にさせるので、体が熱くなったり、汗が出たりします。つまり体が温まり、代謝がアップします♪

一味唐辛子や七味唐辛子を使うほかにも、キムチを使った料理を食べることもおすすめですね☆

スパイス類もおすすめです。

1637cbb0de5d6430a13b850011e89dec_s

スパイスには、代謝を促進して、体を温める作用があるといわれています。
カレーなんかを市販のルーではなく、スパイスから作ってみてはいかがでしょうか?

市販のルーを使うカレーより、カロリーも半分くらいに出来るので、痩せる体に変えつつダイエットもできます。お店では意外にたくさんのスパイスが揃えられていますし、スパイスさえ揃えてしまえば結構簡単に作れちゃいますよ♪

飲み物にも注目してみました。

79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s

どうやらカフェインがいいようです。運動前や食事前に飲むと、代謝を高める効果があるようなので、ぜひ忘れずに飲んでおきたいところ。

ウーロン茶や緑茶にも脂肪を燃焼させる成分が含まれているので、積極的にコーヒーやお茶を選ぶようにしたいですね。かといって、コーヒーに砂糖やミルクを大量に入れてしまっては、意味がないのは明らかです。ブラックで頂きましょう。

次に寝る前に食べると痩せる食べ物をあげていきたいと思います。
どうやら寝ている時に作られる、成長ホルモンがカギを握っているようです。
この成長ホルモンを活性化させることによって、ダイエットを有利に進められそうです。

その他、ダイエットにおすすめの食べ物とは?

まずはバナナ。

fd400837

バナナに含まれているアルギニンという成分が、成長ホルモンを活性化させるオルニチンへと変化して、体脂肪を燃えやすくします。

そしてこれは、夜寝る前に摂取することで効果が最大限に発揮されるようなんです。食物繊維も豊富ですし、整腸作用もあるので、バナナは夜寝る前に食べることに適していると言えますね。

次にヨーグルト。

yogurt

こちらも高い整腸作用でよく知られていますし、日々の食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか?ヨーグルトは朝食べるというイメージを持っている人はとてもたくさんいると思います。私もそうでした。

でも実は、夜寝る前にヨーグルトを食べる事で、乳酸菌が胃腸の働きを助けてくれるんです。
つまり、寝ている間に体の中にある老廃物を体の外へ排出する準備を整えてくれています。

ヨーグルトは朝よりも、活動が弱まっている夜に食べた方が、消化器官系の働くお手伝いをし、効率的に消化を進めてくれるのです。

最後は納豆です。

347a890794828bc9f97cc414206ef344_s

納豆はよくテレビでも取り上げられますし、体にとてもいいことで有名な食べ物ですよね。こちらもヨーグルトと同様に、朝食に納豆を食べるイメージがある人、そして実際に食べている人は多いかと思いますが、こちらも実は夜寝る前に食べるほうが、効果を高めることができるのです。

納豆には、ナットウキナーゼと呼ばれる酵素があり、これは耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか?ナットウキナーゼの主な働きは血液をサラサラにします。この効果はなんと8時間も続くと言われています。

とても長い効果を持続できるナットウキナーゼですが、朝に食べて、夜には効果が切れてしまうんですね…。寝ている間は筋肉を動かすこともなく血液が固まりやすい状態なので、この時にもナットウキナーゼの力を発揮して欲しいものです。

なので、寝る前に食べる事でナットウキナーゼの効果を最大限に発揮してもらうことが出来るんです。
納豆は食物繊維も豊富なので、整腸作用にも期待できますね。

また、カプサイシンたっぷりのキムチを納豆に入れて食べると、より効果的になりそうですね。
基礎代謝やホルモンの働きを高めることで、ダイエットを有利に進められることも出来るのではないでしょうか?

体質改善から取り組んでみるのも、大事なことですね!