a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s

ここ最近、酵素がとても話題になっていますね。

サプリメントも沢山種類があり、液体で補給する方法もあれば、カプセル状などドライフリーズ化された酵素の製品が市販されております。

ですが、いくら勢い強く買っても継続していかないと意味が無いと思います。
それに結構なお値段、続けて買うことを継続していくのは少々困難です。

加熱した食べ物では酵素が破壊されてしまうので、生野菜やフルーツからも摂取していく方法もありますが、どんな方法が自分にあっているのか分かりませんよね。

お腹の弱い方だと、生野菜は少々敬遠される方もおられるかと思います
体調に合わせて少しずつ食べてみて、大丈夫そうであれば量を増やしていくのも方法一つですね。
その他は納豆や漬物などの醗酵食品を気がけて食べる事です。

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

人は生まれた時から酵素を持っていますが、年齢と共に酵素の量が減り、それが原因で代謝が悪くなったり、消化吸収の働きがうまくいかなくなるようです。

要するに人体の酵素は、代謝で使う酵素と消化に使う酵素と2種類存在する訳です。
酵素の使われ方ですが、まず消化するために酵素を使い、余った分の酵素が代謝に使われます。

ですので、食べすぎると代謝が落ちるという訳です。
肥満体では悪循環ですね。

積極的に酵素を取り入れたほうが良さそうです。
これがダイエットにも良いと言われる理由でしょう。

酵素を摂るために自宅で実践できることを2つ紹介します。

まず一つ目の方法です。

自宅でもお手軽に酵素を補給出来ると書いておりますが、
私が毎日補給しているものがあります。

それは優光泉という酵素ドリンクです。

taiki_harf300

冷蔵庫で冷やす必要もなく賞味期限も長いので自分のペースで飲むことができる酵素です。
しかも炭酸水やジュースで割って飲むことができます。

酵素を別の方法で摂っている人もいますが、私が一番飲みやすくて愛飲しているのが優光泉という酵素ドリンクです。

優光泉については他の記事でも紹介していますのでご参考下さい。

参考記事:優光泉とは?

手軽に作れて酵素を摂る方法

a68fe7c2623ca29098892c00daf90226_s

次にこの方法は自宅で簡単に作ることが出来ます。

これは、以前私の知人が教えてくれた方法です。
これもすごく効果があったので作り方をお伝えしたいと思います。

甘酒の作り方は2通りあり、酒粕で作る方法、米麹で作る方法とあります。
酒粕はアルコールが入っていて、味も独特、受け付けない方もおられると思います。

私は米麹をお薦めします。
理由は飲みやすい、という事。

砂糖不使用なのにさっぱりとした甘さで美味しいし、酵素や栄養分が沢山含まれている事です。
女性であれば、ダイエットもですが、便秘やお肌にも良いとのことです。

飲む点滴とまで言われており、色んな栄養、酵素が含まれておりますので、これから夏バテ対策に作ってみましょう。

材料と作り方を紹介します。

<材料>
・米麹(乾燥)・・・200g
・米・・・1合
・お湯・・・500g

<作り方>
・米1合を炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を入れ(分量外)おかゆモードで炊飯する。
・炊き終わったらスイッチを切り、かき混ぜた後10分程度放置し、粗熱を取る。
・米麹をほぐし、炊いたおかゆの中に入れ、かき混ぜる。
・お湯(熱湯300g+水道水200g)をさらに加え、かき混ぜる。
・炊飯器の上に布巾を乗せ、炊飯器の蓋は開けたまま保温ボタンを押す。
・2時間おきくらいに軽くかき混ぜて様子をみます。
・6時間程度で出来上がりですが、もう少し甘くしたい場合は8時間程度まで粘りましょう。

***注意事項***
・甘酒の温度は常に55~60度になるようにしましょう。それ以上だと酵素が壊れて甘くなりません。
・低温保温モードがあれば炊飯器の蓋を閉めて作ってもOKです。
・布巾を被せるのが嫌な方はアルミ箔を被せる方法もありますが、私が実践してみたところ変色して薄くなったので(腐食でしょうか)お薦めいたしません。

気分転換で酵素ドリンクや甘酒を飲み分けるのもいいです

甘酒を飲みだして確かに便秘の回数が減ってきました。
お肌の調子も、プルプルになっているような・・・

酵素ドリンクを飲むことも意識していましたが、たまに気分を変えて甘酒を作っていました。
たまには酵素ドリンクではなく、甘酒というのもありだと思いました。

酵素ドリンクは飲みやすいのもありますが、ほとんどが飲みにくいです。
私は、優光泉を知っていたので抵抗なく飲めていますが、市販で買うのはおすすめしません。
味を知らないリスクは抱える必要はありません。

甘酒は色んな場面でも効果を発揮してくれます。

甘酒の場合ですが、食欲が無い時は、ご飯が入ってるので甘酒を飲むだけでもいいと思います。カロリーはコップ1杯で200kcal程度なので、飲みすぎは太る可能性もありますが、お酒ということもあるので限度も大切です。

少量を少しずつ摂るのがお薦めです。

また、市販品もありますが、これも加熱処理がされてる事もあるので、よく表示を見て購入してくださいね。添加物が混ざってる可能性もありますので。

優光泉や甘酒以外で酵素を補給する方法

e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s

『大根の味噌漬け』
味噌は甘酒の元であります米麹が材料の一部であり、大根は消化酵素が十分に含まれています。
胃腸の調子がパッとしない、または食欲が無いという時にお試しください。

こちらも材料と作り方を記載します。

<材料>
大根・・・10cm程度
味噌・・・適量

<作り方>
・大根の皮をむき、縦方向に半分にし、またそれを半分にする。
・タッパ等を準備し、味噌を表面に塗り込む。
・冷蔵庫へ入れて放置する。
・しばらくすると水が出てくるので、それは捨て、再度冷蔵庫で放置する。
・数日後、大根が少々しなびて薄茶色に浸かると完成です。
・食卓に出す分だけ大根を短冊切りにしてください。

酵素の摂り方は様々

味噌や甘酒の元になる米麹ですが、余ったら塩麹を手作りして調味料として使うのも良いと思います。加熱すると酵素は死んでしまいますが、お肉やお魚の味をまろやかにしたり、分解して柔らかくする効果があります。私はまだ実践しておりませんが、刺身に付ける食べ方もあります。

酵素=サプリと安易に考えないで、昔ながらの食事を取り入れる方法もあります。
毎日、少しずつ実践していけるといいですね。