b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s

お粥は、胃に優しくおいしい食べ物です。

病気のときに食べるもの、というイメージがあります。
それは病気の人にも飲み込みやすく、消化しやすいからです。

では、栄養的にはどうでしょうか?

お粥の栄養素は、主に炭水化物とエネルギーです。
少し変わった成分として、モリブデンというものが多く含まれています。

モリブデンは、酸化還元反応を助ける働きをしています。
必要な量は微量で、摂取しすぎても普段は排泄されます。
なので、白米を食べている限り日常の摂取で注意されることはありません。

では、お粥に足りない栄養は、というと、ビタミン、ミネラルです。

たんぱく質は、少し含まれていますが、お粥から摂取するだけでは足りません。
長期間お粥しか食べないでいると、栄養失調になってしまうでしょう。

お粥は、近年、病人食としてだけではありません。
日常の健康食として、また、ダイエット食品として注目されています。
なぜならお粥は白ご飯と比べて低カロリーだからです。

お茶碗一杯でご飯が250kcalであるのに対し、お粥では170kcalです。

また、サプリメントや健康食品、ダイエット食品と比べて安いです。
更に手軽に、誰にでもすぐに始める事ができます。

ですが、その反面、腹持ちが悪く、すぐにお腹が空いてしまいます。

そのために、たくさん食べ過ぎてしまうこともあるようです。
いくら低カロリーでも、食べる量が多すぎれば元も子もありません。

お粥ダイエットを成功させるには

そこで、お粥ダイエットで成功するために!
腹持ちの悪さと栄養のバランスをクリアする必要があります。

そのためには、お粥だけでなく一緒におかずを摂るようにしましょう。
たんぱく質を補うには、豆腐のお味噌汁がお薦めです。
低カロリーで、更にお粥に足りないたんぱく質や塩分を補ってくれます。

サラダや野菜の煮物も一緒に採れば、ビタミン、ミネラルも摂取できます。

また、食べ方にも工夫が入ります。
お粥は柔らかいので、よく噛まずにすぐに飲み込んでしまう傾向があります。
お粥といえど、しっかり噛むように心がけましょう。

そうすることによって、満腹感が得られます。
お粥は、炊き方によって、歯ごたえが違ってきます。

3分粥は、お米1に対して、水20を合わせて作ります。
同様に、米1に対して、5分粥は、水10、7分粥は水7、全粥は水5です。
お米を沢山入れると、カロリーは上がりますが、腹持ちはよくなります。

リバウンドを防ぐためにも、7分粥か全粥で、長期間続けるほうがいいでしょう。
お粥に雑穀や玄米を混ぜるのも効果的です。

お米は柔らかく炊き上がっても、雑穀は、白米より固いままです。
そうすると、噛む回数が増え、満腹感が得られ、栄養価も高くなります。

混ぜる雑穀の栄養素について、簡単に説明します。

  • ハト麦:ご飯を代謝するビタミンB1と脂質を代謝するB2
  • 押し麦:食物繊維
  • 黒米:ポリフェノール
  • クコの実:ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸(アルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸など)

雑穀ではありませんが、玄米も、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。

こうした雑穀を加えても、栄養価はアップするのに、カロリーはあまり変わりません。
また、雑穀には、デトックス効果が期待できます。

もともとは、麻薬やアルコールの中毒の治療を指す言葉でした。
近頃では、農薬や保存料に触れていない食品は稀です。

また、排気ガスや紫外線も有害な物質です。
そうした、知らず知らずに溜め込んでしまった、体に悪い物質を解毒・排出する必要があります。
雑穀には、その解毒・排出の作用があるのです。

さて、取り組みやすく効果も期待できるお粥ダイエット。
ですがその主成分、炭水化物とはつまり糖質と食物繊維です。

白米は、糖質の多い食品なのです。
そのため、糖尿病の患者さんは、食べる量を制限されるほどです。
食べ過ぎると、太る元となる可能性もあります。

その予防として、食べる順番に気をつけましょう。
お腹が空いているとき、一番に入ってきたものは、よく吸収されます。

935420313bb12a0ecc24cbe94c9315fb_s
では、どうすればいいのか?

それは、野菜から食べ始めるといいのです。
ダイエットは野菜から食べ始めると昔から言われています。
野菜がないときは、お味噌汁でもいいです。

なぜ野菜からなのかと言うと、お粥の糖質の吸収が穏やかになります。
また、不足しがちなビタミン・ミネラルの吸収もよくなります。

そして、お粥は、熱々で食べ始めてください。
その方がゆっくり食べることになりますので、食べ終わったときに満足感が得られます。

お粥ダイエットに似たダイエット方法として、雑炊ダイエットがあります。

雑炊は、淡白な味のお粥に比べて、おいしく、具材が栄養を補ってくれるように思われます。
しかし、おかず無しで続けることになるので、長期間取り組むには、向いていません。

満腹感が得られないのはストレスですよね。
きちんとおかずを摂ることと比べると、具材だけでは栄養が不足するでしょう。
雑炊ダイエットは、短期間にやせたいときには効果的かと思います。

ダイエットは、ゆっくり、少しずつ体重を落としていくのが、良いやり方です。
急ぎすぎると、美容にも健康によくありません。

お粥ダイエットには、上手にすれば、美肌効果もあるといわれています。
必要な栄養を摂取する事を心がけて、美しくスリムなボディを手に入れましょう。

少しでも綺麗に痩せたいならまず体内から。