Sick woman sleeping in bedroom

風邪をひいたとき、何を食べますか?

すり下ろしたリンゴでしょうか。食べやすいゼリーやヨーグルトでしょうか。
もちろんそういったものもありなのですが、病気で寝込んでいるところにお母さんが枕元に持ってきてくれた『お粥』。格別ですよね。

あったかくて柔らかくて、栄養が体に染み込でいくような食べ物。
それがお粥なのです。

お粥は日本ではかなり昔からあり、紀元前1世紀頃に日本にお米が伝わってきており、お米を煮たものを「おかゆ」としていたようです。

ただし、このころのものは現代のお粥よりもずっと固いもので、むしろ現代の「ご飯」に相当するものだったとか。それから時が経ち、11世紀頃には「しるがゆ」と呼ばれるものが現代の「お粥」として登場します。つまり、「お粥」というものは私たち日本人が千年以上にわたってずっと食べてきたものなのです。

そして、この頃からお粥と一緒にお芋を煮たりする「芋粥」などもあり、日本人らしいアレンジ精神が見え隠れします。

さらに、お粥には「七草粥」などの無病息災を願って食べる食べ方があるなど、大切な年中行事の一つとされていましたし、現代でもその風習は残っています。それが江戸時代くらいになると、関東では「お粥は病人食」、関西では「お粥は朝食」というように地域によって認識の違いが出てくるようです。

お粥の栄養とは?

さて、現代では病人食のイメージが定着してしまったようなお粥ですが、実は栄養満点な上に、ダイエットや、さらに美容にもとても良いのです。

まず栄養ですが、そもそも病人食として定着したのは「食べやすく、胃腸に負担をかけずに栄養を摂れる」という点です。温かく、柔らかい食べ物ですので、消化器官を冷やさず、胃腸に負担をかけません。反対に内臓の温度を下げてしまうような冷たいものや、肉の塊のように消化に時間のかかるものは体に負担をかけるのです。

人間は想像以上に消化という作業に時間もエネルギーもとられるのです。ですから、あまりにそちらにエネルギーを使ってしまう状態だと胃腸もフル回転しなくてはならず、大変なのです。しかし、お粥ならとても消化しやすいので、胃に入ってきたものをすべて綺麗に消化し、余すところなく体の隅々に栄養を送り届けることが出来ます。

そして、お粥はアレンジがしやすいというのも大きな利点です。

梅干しで食べるシンプルなものをはじめ、中国で食べられているような薬膳粥がありますよね。生姜やネギ、ごま油、卵、鶏肉などを入れて食べると美味しいし、栄養も満点です。

炭水化物、脂質、タンパク質、食物繊維…。あらゆる栄養を詰め込むことが可能です。
そうです。お粥は、体に優しい、体が喜ぶメニューなのです。

次に、女性にとっては永遠の課題であるダイエット。そこでもお粥は活躍します。
なぜなら、お粥はちょっとの量で作ってもかなりボリュームが出るのです。1度でもお粥を作ったことのある方ならわかると思います。

本当に、少しの量のお米で作ったお粥も、煮られる過程でどんどん水分を吸って大きく膨らんで柔らかくなります。お茶碗に少しの量で…と思っていたら大きなどんぶりいっぱいになってしまうくらいなんですね。

だから、カロリーも普通のご飯よりずっと低いのです。たくさん食べられるのにカロリーはちょっと。嬉しいですね。

飽きずにできるお粥ダイエット

七草粥

さらにいろんな具材でアレンジすれば、味も単調にならず、楽しく食べ続けることが出来ますし、食事制限するダイエットにありがちな栄養不足もありません。さすがに1日の食事を全てお粥にするのは極端かもしれませんが、たとえば夕食だけは軽いお粥で済ます、などしてみることでかなり違ってきます。

そして、最後にダイエットと並んで女性が気になる美容についてもお粥は持ってこいなのです。

お肌の調子は、実は腸内環境と連携しています。
つまり、腸内環境が悪いと、お肌も…というわけです。

たとえば、便秘が続くと肌の調子が悪かったりしませんか?食べ過ぎ、飲み過ぎが続くと化粧のりが悪い、顔色が悪い、なんてこともありますね。お肌と腸内の調子は一緒なのです。体内に消化しきれない、胃腸に負担をかけるものが残っていて、それを排泄できないでいるとお肌のトラブルにつながるのです。
そこで、お粥です。

胃腸に優しい、体を温めてくれる、カロリーの低い、栄養満点のお粥です。

水分を多く含み、温かく消化しやすいということは、まず、便秘を解消してくれます。体温を上げ、消化のエネルギーを抑えられる分、排泄に体がエネルギーを使えるからです。そうすることで体内のいらないものがどんどん出ていき、栄養がいきわたるようになります。そうなるとお肌もどんどん美しくなり、透明感が出てくるようになります。

さらに、便秘が解消されると血行も良くなり、むくみも取れ、美しいボディラインになるでしょう。
いかがでしょうか。

昔からある病人食…。そんなイメージのお粥ですが、実は女性にはとてもおススメなメニューなんですよ。

さまざまな具材を使うことで、栄養満点で美味しいお粥。ものすごく難しい料理でもありません。そしてダイエットや美容にも実は優れているのです。

ダイエット食品や美容食品をあれこれ試す前に、まずはお粥を試してみませんか?