rice porridge

現代の食生活はとっても不規則。
つい、忙しいからといって、ファーストフードやお弁当だけになっていませんか??

確かにファーストフードやお弁当は安くて早くて美味しいというメリットがあります。
でも、それだけに頼っていたら栄養が偏り、健康的な生活は送れませんね。
それに、生活習慣病のリスクも高くなってしまいます。

和食は世界的に見ても素晴らしい評価を得ています。
それは、低カロリーでありながら、カラダに必要な栄養素が満遍なく含まれているため!!
今回は、そんな和食の代表的な料理『お粥』を徹底調査!!
その知られざる栄養素の秘密に迫ります!

お粥っていうと老人みたいなんだけど…

お粥というと老人食、あるいは療養食や離乳食だと思っていませんか??

実はダイエットにも効果的なんです。
お粥はご飯であり、炭水化物のため、ダイエットに良いとはあまり思えませんよね?
でも実はそれは間違い。

通常のご飯茶碗1膳で2~3膳分のおかゆを作ることが出来ちゃいます。
つまり、カロリーは半分にしながら、たっぷりと食べられる、そんな嬉しい食べ物なんです。

熱々のお粥を食べることで、早食いの防止にもなりますし、
中に含む素材によってはバランスよく栄養を摂取することが可能!
カロリーを抑えながら、効果的にダイエット可能です。
とっても始めやすいダイエット方法なので、是非試してみてはいかがでしょうか?

お粥で美肌?その秘密は?

誰でも1度は食べたことのあるお粥。実は美肌効果もあるんです!!
お粥は柔らかく煮込まれているので、とっても胃腸に優しい食べ物。
胃腸に負担をかけることがないので、肌に悪影響が出ないんです。

よく辛い物を食べると肌が乾燥しやすくなるって言いますよね。
辛い物、刺激のある物を食べた次の食事はお粥を煮て胃腸をいたわってあげるとBest!!

血行促進、便秘の解消、様々なデトックス効果があるんです!
さらに、血行がよくなるので、体中がぽかぽかしてきます。
美肌維持には効果的ですね!

お粥の知られざる栄養素って何?

お粥がダイエットに向いている食事だということは理解していただけたかたと思います。
でも、お粥にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか??
この項目ではお粥の知られざる栄養素を徹底公開しちゃいます!!

お粥1杯250gのカロリーは178Kcal。とってもヘルシーです。
特筆すべき栄養素は『モリブデン』と『銅』が含まれているということ。

モリブデン!?ちょっと聞きなれない言葉ですが、わたしたちに必要な栄養素の1つです。
基本的には肝臓や腎臓に多く存在しており、体内での代謝を行う酵素の役割を担っています。
その関係から、『血のミネラル』とも呼ばれているんです。

また、尿酸の代謝を助け、鉄分の利用を促す作用があります。
鉄不足を抱えている方は、積極的に摂取したい栄養素の一種!!

お粥をメインにする注意点

カラダに良いとされるお粥ですが、3食すべてをお粥にする必要はありません。
基本的に白米と一緒ですから、お粥だけで必要な栄養を摂ることは難しいのです。
タンパク質や脂質、またビタミン類も少ないので、完全栄養食というわけではないのでご注意を!!

またカロリーが低いのでお粥ばかりでは低カロリー状態になり、カラダがエネルギーを溜め込みやすくなります。
適度なカロリーを摂取することが必要です。

より高い栄養素摂る為にオススメの調理法やトッピングはないの?

a71d445b9e654c818a8e6f9b584226f7_s

お粥をもっと栄養価のあるものに変えるのは簡単!!

<楽チン卵粥>
お粥に卵1個+ほうれん草を入れることで、タンパク質、鉄、カルシウム、ビタミンを摂取できます。

<リゾット風お粥>
牛乳やかぼちゃを混ぜて煮込めばリゾット風のお粥のできちゃいます。
タンパク質、カルシウム、ビタミン、食物繊維も一緒に摂れちゃうのでオススメ!!

<トッピングにはカイワレ!>
それだけではありません。お粥のトッピングにオススメなのがカイワレ大根。1パック¥80くらいで売っています。
カイワレ大根には、ビタミンC、カルシウム、鉄、などの栄養素が含まれているので、便利です。
お粥と一緒に煮込むのではなく、出来上がったお粥の上にトッピングして食べましょう。
こうすることで、ビタミンCを壊さずに効率的に栄養を摂取することが可能!!

まとめ

今回は『お粥の栄養』についてみてきました。
意外な発見が多数あったのではないでしょうか??

病人食、老人食と偏見するのではなく、美肌維持や、ダイエットに嬉しい効果もあるということを忘れずに。

そして、吸収しやすく、胃腸に優しいという面を活かし、積極的に利用したいですね。
その際には、栄養のある野菜と一緒に煮込むことで、栄養をより吸収しやすくなります。

お粥を上手く利用し、健康的な食生活を心がけましょう!!