本棚と開いた本

綺麗に痩せたいけど、痩せ方がわからない
凄く体重が増えているわけではないけど、でももうちょっと引き締めたい。

太っているのは自覚しているけれど、痩せ方がわからない。
そんな方は、ちょっと自己診断してみましょう。

まずは食事

22286b561806ad6e044b672df1e12dbe_s

近頃の食生活はどうですか?
忙しさにまぎれて不健康な食事になっていませんか?

また、飲み会が増えたりしていないでしょうか。

この辺りをまずチェックしてみては如何でしょう。心当たりがある方は要注意です。

お酒を飲む機会が増えれば、必ず太ります。
勿論おつまみも食べてしまうわけですし、お酒はハイカロリーな物が多いです。
また塩分の多いおつまみを食べ、ビールを飲んでいるとむくみの原因にもなります。

自炊する暇が無くて、惣菜のお弁当で済ませるのも問題です。
お弁当には添加物も多く、また塩分の多い食材が含まれています。
夜食にお弁当とビールと言うのは、痩せたい方にとっては天敵と言えるでしょう。

普段の自分

膝をかかえて黄昏れる女性

普段の自分にチェック入れてみましょう。
特に引き締めて痩せたいけどやせ方が解らない方は、普段の生活での自分を見直しです。

信号を待っている時、電車を待っている時、電車の中で立っている時、どんな姿勢でいますか?

スマホやってます!と言う方は赤信号です。
スマホをやっているとどうしても、下を向く事になります。背中も段々丸くなってきます。
こうなると腹筋や背筋は衰える一方です。筋肉が衰えれば代謝も落ちますので、悪循環です。

30代からは特に要注意です。下を向く事により肉が下に下がっていきます。
椎間板ヘルニアにもなりやすくなり、首にシワができ、頬もたるんできます。

ジムに通っているから大丈夫と思った方。
ジムでの運動は多くても2時間ぐらいですよね?

ジムなどで集中的に頑張っても、普段の生活をだらけた姿勢でいれば…
折角ジムで鍛えた筋肉も落ちていくだけなのです。

普段の自分の姿勢に注意してみましょう。
これが引き締めに効果のある(地味で回り道かもしれませんが)一番の方法です。

何もしてないのに太ってきた。食事も普段の姿勢も気をつけてるのに。
こういった人は、幾つか可能性があります。どれが一番の原因かを探るといいのですが。

もし体重だけに関してでしたら、運動のし過ぎという事もあります。
筋肉は脂肪より重いので、筋肉がつくと体重は増えます。

他のケースですと、骨盤が開きすぎていないでしょうか?
骨盤の周りがゆるゆるの服ばかりを着ていると、骨盤が開いていく事があります。

これが太る原因になっていることも。

よく、子供を生んだばかりの女性が、太ってしまったままで元に戻らない。
そんな話を聞いたことがありませんか?

子供を生んだ直後は骨盤が開いてしまい、腹筋も緩んでいるので太ってしまうのです。

ではその骨盤、どうやって元に戻せばいいのでしょう?
筋肉が弱っていると骨盤は開きます。そして緩い服だとそのまま開ききってしまいます。

一番いいのは腹筋を鍛えて戻す方法です。
急ぎの対処としては無理せず骨盤周りを押さえるような服を着ることです。

例えば休みの日でも出来るだけジーンズで過ごすなどです。
今のジーンズは、ある程度の締め付けとストレッチ素材で出来ています。
無理なく骨盤周りを固定してくれるので、開いてしまった骨盤を戻すのに最適です。

ただこれをするに当たって、絶対に注意して欲しいところ!

締め付けすぎると内臓にも悪影響がでます。程ほどの物を選ぶ事です。
特に座ったり立ったりしゃがんだりの作業が長く続く時は、緩いものに必ず着替えてください。

締め付けすぎは、エコノミークラス症候群を発症する恐れもあります。
無理に締め付けないでください。

纏め

痩せ方がわからないという事は、何故太ったかが解らないという事でもあります。
あらゆる可能性を考えて、ご自分の太った原因を確かめてください。

そして原因に見合った方法を見つけてください。この幾つかの問題点が参考になれば幸いです。

痩せ方がわからない時はダイエットアイテムを利用してみるのもオススメです。

⇒ダイエット商品ランキング